不妊・不育と薬物療法

ホーム > 鍼治療 > 不妊症・不育症の鍼灸 > 不妊・不育と薬物療法

不妊治療で使われる主なお薬についての知識も知っておく必要性があります。

排卵誘発剤を使用する場合

不妊治療で最もよく使われる薬剤は、「排卵誘発剤」といわれるものです。その種類は下記の通りです。

hMG[下垂体性ゴナドトロピン:注射]とhCG[ヒト絨毛性ゴナドトロピン:注射]の併用
FSH[卵胞刺激ホルモン:注射]
クエン酸クロミフェン[経口:クロミッド(商品名)]

これらの薬剤は卵巣を刺激し、卵胞が大きくなるのを促し、排卵に至るまでをサポートしてくれます。副作用としては、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)と多胎妊娠が挙げられます。

 

体外受精で使用する場合

体外受精では、ロング法アンタゴニスト法があり、それぞれの方法で排卵時期の調節で薬を使用します。

 

ロング法では自然排卵を防ぐため、GnRHアゴニスト[脳下垂体を刺激する性腺刺激ホルモン放出ホルモンと同じ作用をすると言う意味:スプレキュア・ナサニール・リュープリン・ゾラデックス(商品名)]をもちいます。

アンタゴニスト法では自然排卵を防ぐためGnRHアンタゴニスト[脳下垂体から分泌される「ゴナドトロピン(LHとFSH)」を抑制すると言う意味:セクトタイド注(商品名)]をもちいます。これによって、卵子の生育を助けたり、卵子が予定時期よりも早く排卵しないようにコントロールします。

 

不妊症・不育症の鍼トップページはこちら

費用一覧