各がん検査の特徴

ホーム > 最新人間ドック > 各がん検査の特徴

 特徴
がん遺伝子検査 
Free DNA濃度検査がんになり易い体質か、なり難い体質かを調べます。 一般画像診断では検出されない、がんのリスク判断をします。 A・B・C・Dでリスクを段階的に評価します。 血液中には微量のFree DNA(細胞遊離DNA)が存在します。その死んだ細胞由来のDNAが、大量に血液中に流れ込むため、がん患者では健常者と比べると、Free DNA濃度が高めの傾向にあります。濃度が高いと、がんの割合が増加します。 検査結果は、25ng/mlを基準値として評価します。 臓器が炎症を起こしてる時には、数値が高くなる場合があります。 価格:¥16,200  採血量:5ml   結果:約7日後
リスク評価検査0~100の数値で表します。50以上は、がんのリスクが通常より高くなります。 価格:¥98,000   採血量:20ml   結果:約21日後
総合検査上記すべての検査に加え、突然変異解析、及びメチル化分析もおこないます。
突然変異解析:
健常者であっても、突然変異を検出することがあります。直ちにがんになることはありません。しかしながら、がん細胞の成長を促しかねない突然変異は、注意する必要があります。
メチル化分析:
メチル化が検出された遺伝子が2つ以上みつかった場合は、がんを疑い、精密な検査が必要となります。 総合検査に限り、中国語翻訳付きの報告書の作成が可能です。
価格:¥228,000   採血量:25ml   結果:約28日後
マイクロアレイ検査主に、消化器系がんの血液検査です。胃がん・大腸がん・膵臓がん・胆道がんを調べます。 感度98.5%・特異度92.9%の信頼性があり、少量の採血で検査が可能です。 マイクロアレイは、CT・MRI・PET検査で検出することのできない早期のがんを発見します。 中国語翻訳付きの報告書の作成が可能です。 価格:¥108,000   採血量:5ml   結果:約1ヶ月後
アミノインデックス主に、胃がん・肺がん・大腸がん・前立腺がん・乳がん・子宮/卵巣がんのリスクを評価します。 ランクA・ランクB・ランクCの3段階で評価します。 男性4種:胃がん・肺がん・大腸がん・前立腺がん 女性5種:胃がん・肺がん・大腸がん・乳がん・子宮/卵巣がん 女性2種:乳がん・子宮/卵巣がん ※子宮/卵巣がんは、どちらのリスクかは区別できません。 中国語翻訳付きの報告書の作成が可能です。 採血量:5ml   結果:約3週間後

◎結果報告書で、監督医からのコメントがあります。

最新人間ドック検査
費用一覧