ビタミンA

Vitamins Word Cloud

ビタミンAは脂溶性ビタミンの1つで、さまざまな生物学的機能に関わっています。

ビタミンAは動物にのみ存在し、その前駆物質であるβ-カロチン(プロビタミンA)は、果物や野菜にも存在します。

ビタミンAの代表的な効果

ビタミンA 目

  • 皮膚や粘膜を正常に保つ
  • 夜盲症を防ぐ
  • がんのリスクを軽減

特に、視覚障害については、ビタミンAが不足することで目の角膜や粘膜がダメージを受けた場合、症状が悪化すると失明してしまうこともあります

 ビタミンAの供給源となる食材

天然ビタミンAは、動物由来の食品に多く含まれます。

鶏レバー  4.3g(1かけ弱)
豚レバー  4.6g
牛レバー 5.0g
ヤツメウナギ  8.0g
マーガリン  33g(4~5cm角くらい)
プロセスチーズ   250g
卵(生)  316g(5個強)
牛乳  2069g(2リットル強)

※2000IUを摂取するのに必要な食材量

ビタミンAの効果

皮膚や粘膜の正常保持・視覚の正常化・成長および分化に関与します。

  • 細胞が正常に再生するのに必要とされます。
  • 視力、正常な成長、皮膚、骨、生殖器の維持に不可欠。
  • 呼吸器感染症に対する抵抗力の獲得や免疫能の増強を補助。
  • 抗がん作用を有します。
  • にきびや乾癬のような皮膚症状の治療にも有用です。
  • 成長ホルモンの産生を刺激する能力があります。
  • 甲状腺が健常に働くのを助けます。

 ビタミンAの不足

ビタミンAが欠乏すると、以下の症状を引き起こします。

  • 夜盲症
  • 視覚障害
  • ドライアイ
  • 皮膚や粘膜の乾燥、
  • 感染症への感受性増大
  • 副鼻腔や気管支の感染症
  • 味覚嗅覚の喪失
  • 成長障害
  • 胎児の奇形

お問い合わせ

03-6427-6425

月~土:10:00~19:00
日:10:00~18:00