ビタミンB2

Vitamins Word Cloud

ビタミンB2の代表的な効果

ビタミンB2は炭水化物、タンパク質(アミノ酸)、脂質の代謝に不可欠で、生体内で利用可能なエネルギーを作り出す。

ビタミンB2の供給源となる食材

ビタミンB2は腸内細菌叢によって体内で作られますが、わずかな量しか蓄えることができません。

天然供給源は、麦芽、アーモンド、ピーナッツ、内臓肉、鶏肉、全粒穀物、胚芽、マコモ、マッシュルーム、レンズ豆、大豆、牛乳、チーズ、ヨーグルト、卵、ブロッコリー、芽キャベツ、ほうれん草などが挙げられます。

また小麦粉や朝食用シリアルの中にはビタミンB2を添加したものもあります。

ビタミンB2の効果

ビタミンB2はいくつかの代謝反応に必要な酸化還元反応の補因子であるFAD(フラビンアデニンジヌクレオチド)とFMN (フラビンモノヌクレオチド) の形成に必要です。またFAD、FMNはともに、炭水化物、タンパク質、脂質の代謝に不可欠で、生体内で利用可能なエネルギーを作り出します。B2の合成には、マグネシウムや亜鉛が必要です。

  • 代謝や心血管系、神経系の正常な機能の維持
  • フリーラジカルによる損傷から身体を守ります
  • 良好な視力に必要で、目の疲労を軽減
  • 口腔粘膜、皮膚、毛髪、爪にも必要です。
  • 運動によって、ビタミンB2の需要は増します。
  • 好中球、単球の増殖を刺激します。
  • マクロファージを活性化することによって免疫ビタミン、補助ビタミン、補助因子系に有効に働きます。

Vitamin B written in search bar on virtual screen

ビタミンB2の欠乏症状

不足すると、光に過敏になり、皮膚や粘膜に異常が現れます。

肉に多く含まれているビタミンなので、菜食主義者はB2欠乏になりやすいので注意が必要。

  • 口唇症、口角のひび割れ
  • 舌の炎症や口内炎
  • 湿疹や脂漏症
  • 鼻・眉毛・顎・頬・耳・髪の生え際の皮膚剥落
  • 皮下の脂質沈着をともなう鼻・顎・額の脂漏
  • 光線過敏をともなう眼の充血・目やに
  • かゆみ・眼の灼熱感・疲れ目
  • 白内障の進行
  • 神経症状 チクチクしたしびれと表現されるような神経症状、振戦(ふるえ)、スタミナや活力の低下、抑うつ、感筋力低下 歩行困難
  • 感情の起伏 (神経質、イライラなど)
  • ビタミンB2欠乏の妊婦はという危険な状態になるリスクが高い

ビタミンB2がお勧めされる人

  • 重症熱傷
  • 慢性下痢
  • 肝硬変
  • アルコール依存症
  • がんの患者
  • 妊婦(子痢前症の予防)

お問い合わせ

03-6427-6425

月~土:10:00~19:00
日:10:00~18:00