ビタミンB3

ビタミンB3 (ナイアシン、ナイアシンアミド、ニコチン酸、ニコチンアミド)

ビタミンB3の代表的な効果

ビタミンB3は、補酵素NAD (ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)とNADP (ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸)の合成に使われるため、組織や細胞でのエネルギー放出に必須とされています。

ビタミンB3の供給源となる食材

赤身の肉、内臓肉、魚、酵母、全粒穀物、ナッツ類、乾燥エンドウ豆およびイングン豆、七面鳥・鶏肉、牛乳および乳製品に含まれる。ビタミンB3は生体内では必須アミノ酸のトリプトフアンから合成されます。

Vitamin B written in search bar on virtual screen

ビタミンB3の効果

正常な神経や消化器系の維持を助けます。

善玉コレステロール(HDL)量を上げ、悪玉コレステロール(LDL)と中性脂肪量は下げます。

ビタミンB3は胆汁酸塩の産生に関与しています。

性ホルモンの合成に関与しています。

正常な成長と健康な皮膚に不可欠とされています。

ビタミンB3の欠乏

  • ペラグラ状態(症状として、皮膚炎、下痢、認知症)
  • 舌炎・口内炎・歯肉の痛み (鮮やかな紅色が特徴的)
  • 口腔・咽頭・食道の炎症、びらん
  • 神経疾患
  • 五感の知覚変化
  • 統合失調症様症状
  • 関節リウマチ
  • 筋力低下
  • 全身倦怠感、焦燥感、睡眠障害
  • 反復性頭痛
  • 消化不良、嘔気(はきけ)、嘔吐、口臭

お問い合わせ

03-6427-6425

月~土:10:00~19:00
日:10:00~18:00