ビタミンB5

ホーム > アンチエイジング・デトックス > 分子整合栄養医学 > ビタミンB5

Vitamins Word Cloud

ビタミンB5 (パントテン酸、パントテン酸カルシウム、パンテノール)

ビタミンB5の代表的な効果

ビタミンB5は副腎の機能を高めることにより免疫力のアップ、ストレスに対抗する能力を増します。

そのため、「抗ストレス」ビタミンと呼ばれています。

 

ビタミンB5の供給源となる食材

ビール酵母、コーン、カリフラワー、ケール、ブロッコリー、トマト、アボカド、豆のさや、レンズ豆、卵黄、牛肉、七面鳥、鶏肉、カモ肉、牛乳、干しエンドウ、ピーナッツ、大豆、サツマイモ、ヒマワリの種、全粒穀物、エビ、胚芽、サーモンです。

ビタミンB5は非常に安定しており、調理によって失われることはほとんどありません

Vitamin B written in search bar on virtual screen

ビタミンB5の効果

ビタミンB5の副生成物が高脂血症に有効とされています。(血中コレステロール濃度の低下、善玉HDLコレステロール量の増加、中性脂肪量の低下)

ビタミンB5は神経伝達物質のアセチルコリンを作るのに必要されます。

コレステロール、ステロイドや脂肪酸の合成を助け、正常な成長や感染症と戦う抗体の産生に必要とされています。

副腎の正常な機能とコルチゾンの産生に重要だとされています。

脂質、タンパク質、炭水化物からのエネルギー産生に重要な役割を果たしています。

ビタミンB5には被曝防御能がある可能性が示唆されています。

 

 

ビタミンB5の欠乏

 

アンチエイジング・デトックス費用一覧