ビタミンB6

ビタミンB6の代表的な効果

 ビタミンB6はタンパク質、脂質、炭水化物を代謝します。また、アドレナリンやインスリンなどのホルモン産生にも重要な役割を果たします。

ビタミンB6の供給源となる食材

ビール酵母、ヒマワリの種、胚芽、レバーや内臓肉、黒糖蜜、バナナ、クルミ、煎ったピーナッツ、ツナ缶やサケ缶に含まれています。

Vitamin B written in search bar on virtual screen

ビタミンB6の効果

  • 神経系の働きを保つために重要な役割があります。
  • 赤血球中のヘモグロビン形成
  • 感染症と戦うための抗体を産生する家庭にも必要です。
  • ビタミンB6はRNAおよびDNA合成に使われています。
  • 胃酸の産生に必要です。
  • 血中アミノ酸のホモシステイン濃度を下げることに関与していることが示されている。ホモシステイン濃度の上昇は、心臓病、脳卒中、アルツハイマー病、パーキンソン病、骨粗愁症のリスクを増加させる。
  • ビタミンB6は動脈硬化を改善し、心血管疾患の予防に関与しています。
  • 飲酒する女性の大腸癌(直腸、結腸がん)の予防に関与しています。
  • ビタミンB6は手根管症候群と月経前症候群の症状を緩和する効果があります。
  • 酸化マグネシウムと併用すると、腎結石を予防しうる。

ビタミンB6の欠乏

  • 眉毛の間や身体の擦りあう部分の皮膚に脂漏性、鱗屑状の皮膚炎
  • 低血糖様の症状
  • 手足のしびれやチリチリ感
  • 神経炎や関節炎
  • 高齢者の手のふるえ
  • むくみ(特に妊娠中の水分貯留や腫脹)
  • はきけ、乗り物酔い
  • 腎結石
  • 貧血
  • 過度の倦怠感、不安症
  • にきび

お問い合わせ

03-6427-6425

月~土:10:00~19:00
日:10:00~18:00