エステサロン脱毛と医療脱毛の違い

ホーム > 美容治療 > 無痛医療レーザー脱毛 > エステサロン脱毛と医療脱毛の違い

エステサロンで行われている光脱毛(IPL脱毛・プラズマ脱毛など)と医療機関の医療レーザー脱毛の違いについて解説します。脱毛機器の違いなど話せばキリがないのですが、簡単に言えば照射出力の差です。クリニックなどの医療機関には医師が常勤しているため、万が一施術中に何らかのトラブルが発生しても適切な処置が行えるため強力なレーザー治療を行うことを国から許可されているのです。そもそも脱毛は【医療行為】にあたります。医療行為にはどうしてもリスクが伴います。それではエステサロンはどうでしょうか。法律上エステサロンでは【長期的効果のある脱毛】は行ってはいけません。以前は照射パワーの強い違法なエステ用光脱毛機器を使用していたエステサロンが多数存在していましたが、数年前にメーカーと使用していたエステサロンが摘発されました。その結果、現在ではエステサロンでは効果の弱い低出力の光脱毛機種を使用しています。医療機関では信じられないような低価格で脱毛を提供しているエステサロンが多数あります。しかし、脱毛の基礎知識をしっかり理解していれば、エステサロンで行える範囲の脱毛では、長期的に見て満足のいく脱毛ができないことはご理解いただけるはずです。


脱毛サロン、脱毛エステとは

脱毛サロンや脱毛エステではだれでも購入することのできる脱毛機で、資格がない人でもだれでも施術をすることができるサロンやエステをいいます。また、一部のエステでは、光脱毛などはなくシェービングをするだけのことを言ったり、ワックス脱毛のことを言っているところがあります。 エステの意味はとても広いので、どんなエステなのか、サロンなのかもしっかり確認することをおすすめします。

例えば、「とりあえず今すぐ脱毛する必要がある」という場合には部位によっては脱毛エステや脱毛サロンでの脱毛でも構いません。しかし、短期的な効果ではなく、長期的に見て少しでも減毛率を高めることを考えるのであれば、医療レーザー脱毛のほうがはるかに経済的で、安全であることは間違いありません。


脱毛に関するQ&A

脱毛に関するお悩みに少しでもお応えすべく解説ページを作らせていただきました。

データーベースとしてお使いいただけますと幸いです。

是非ご参照くださいませ。

費用一覧