脱毛の効果が出やすい・出にくい部位

ホーム > 美容治療 > 無痛医療レーザー脱毛 > 脱毛の効果が出やすい・出にくい部位

医療レーザー脱毛は、黒色に反応する特性を利用して成長期にある毛にレーザーを照射し、毛や毛根、周辺組織にダメージを与える事によって脱毛効果を得られるものです。全身脱毛を行う場合、同じ回数、全ての部位にレーザーの照射を行っても、脱毛効果が同じように出るわけではありません。部位によってもともとの毛量や毛質が異なるからです。

個人差もありますが、一般的に脱毛効果の出やすい部位は、脇や、VIOラインなどの、毛の色が濃く太い部分です。しっかりした毛の方が毛根に対して十分な熱量を与えることが出来るので、その分ダメージをしっかり与えられます。毛量の減り具合も実感しやすい部位でもあります。

逆に効果の出にくい部位は背中や二の腕、胸やお腹の部位などの、毛質が細く色味の薄い毛が生えている部位です。毛が薄い方は少ない回数で脱毛効果を得られると思っている方が少なくありません。ですが実際のところ細く色味の薄い毛には、毛根部に対して十分な熱量を与えることが難しいので、脱毛効果が出にくいのです。

最新のレーザー脱毛機LEDAは、痛みが少ない為、細く色の薄い毛に適した出力で照射出来ます。

ムダ毛のないツルツル肌をご希望の方は、渋谷セントラルクリニックまでご用命くださいませ。

 

 

費用一覧