脱毛方法の種類と効果

ホーム > 美容治療 > 無痛医療レーザー脱毛 > 脱毛方法の種類と効果

針脱毛(ニードル脱毛) の紹介とその効果

おもにエステで行われている脱毛方法です。ひとつ一つの毛穴に針を刺して電流を流すため、脱毛効果はとても高いです。 しかし1回1回の施術時間が長く、脱毛の効果を十分感じるまでとても時間がかかることや、激しい痛みのため、レーザー脱毛機の普及以降、ほとんどの医療機関がレーザー脱毛に移行しました。現在ではレーザー脱毛の機器・技術が発達していますので、激しい痛みに長い時間耐えてまで針脱毛を受けるメリットはあまりないと当院は考えています。それでも脱毛効果を優先するために針脱毛を選ぶにしても、先にレーザー脱毛を受けてできる限り減毛してからの方が良いのは明白です。

                   


光脱毛とその効果

主にエステで行われている脱毛方法です。特殊な光を発する機械を使用してムダ毛の処理を行うものです。光のエネルギーで毛根を破壊することで発毛を抑えます。原理的には医療レーザー脱毛とほぼ同じですが、医療レーザー脱毛と違い、光のエネルギーが弱いので痛みが少ない半面、脱毛の効果が出にくいケースがあります。ちなみにエステで行われている光脱毛では、法律により一定の出力以上の照射はできません。一定の出力以上の光の照射は医療行為にあたる、という規定があるためです。そのため効果を得たい場合は医療機関での脱毛が良いと考えます。 


医療レーザー脱毛とその効果

黒い色素(メラニン)にのみ反応するというレーザーの特性を利用した脱毛方法です。レーザーを皮膚に照射すると、体毛のメラニン色素に吸収された後、熱に変換されます。そして、毛を再生させる細胞そのものにダメージを与えることで毛の再生を困難にして脱毛させてしまうという方法によって脱毛効果を得る方法です。脱毛.jpg を表示しています


除毛クリームとその効果

よく通販などで販売されています。クリームやワックスなどによって科学的に体毛を分解する脱毛方法です。まず、除毛クリームでの処理には痛みはありません。 除毛クリームは他の脱毛方法と違い、体毛を剃るのではなく、化学成分で体毛を溶かすイメージです。もちろん、カミソリで剃った時のように毛の断面が太くなったりすることはありません。しかし、あくまで表皮から出ている部分の毛を分解するだけであり、毛根自体が無くなるけではないのでまたすぐに生えてきます。そういった意味では十分な脱毛効果は得にくいかもしれません。また、除毛クリームの中には、体毛の色を薄くさせる成長抑制成分が入っている脱毛クリームと呼ばれるものがあります。体毛の色を薄くして目立たなくさせる方法です。しかし、体毛と皮膚は同じ成分が多いため、脱毛クリームで毛を処理すると同時に皮膚にダメージを与えることになります。脱毛クリームを使用したことによる肌に関するトラブルは後を絶ちません。安く簡単に購入できて、気軽に痛みなしに使えるということで注目されがちですが、本当の意味での脱毛効果は期待できませんし、肌へのダメージを考えるとオススメできない方法です。

         


家庭用電気脱毛機とその効果

家庭用レーザー脱毛機や家庭用電気脱毛機ですが、宣伝文句にあるような長期的な脱毛効果はほとんどありません。逆にもし本当にそのような効果(照射出力)があるのであれば、自宅で使用するのは大変危険です。脱毛は医療行為だということを忘れてはいけません。これらは痛みの少ない「毛抜き」の一種だと考えた方が良いでしょう。永久的な効果を求める場合医療脱毛機による脱毛がいいと考えます。


毛抜きとその効果

色素沈着、埋没毛、毛嚢炎など、さまざまな皮膚トラブルの原因となりますので、毛抜きはオススメできません。また、いざ医療レーザー脱毛を受けようかなと思ったときに、毛が生えそろうまで3ヶ月程待たなければいけないことになります。脱毛ワックスや脱毛テープも同様です。処理した瞬間は毛が根本からなくなるため、一時の脱毛効果を得たいときはよいですが、永続的な脱毛効果を得たい場合はおすすめできません。

                        


自宅で脱毛を行う場合の注意点

 安全面、効果のことを考えると医療レーザー脱毛が最も適しているのはもちろんですが、金銭面などの事情で「すぐには医療レーザー脱毛を受けることが厳しい」という方もやはりいらっしゃると思います。ご自宅で脱毛をされる場合はできる限り皮膚へのダメージが少なく、かつ、将来医療脱毛をする際に支障が出ない自己処理を行って下さい。

カミソリやシェーバーなどで剃毛する際には、必ずシェービングフォームなどを使用して、すべりの良い状態で毛の流れに沿って行って下さい。深剃りをしようとすると必ず皮膚表面を傷つけてしまいますので、やりすぎないことが重要です。脱毛クリーム・家庭用電気脱毛機などは、上記に記載しているとおりあまりオススメできません。


一時的な脱毛効果と永続的な脱毛効果

 一口に脱毛の効果と言っても、一時的な脱毛効果、永続的な脱毛効果と2種類あります。カミソリや毛抜きは一時的な脱毛効果を得るための脱毛手段であり、 医療脱毛が永続的な脱毛効果を得るための脱毛手段となります


脱毛に関するQ&A

脱毛に関するお悩みに少しでもお応えすべく解説ページを作らせていただきました。

データーベースとしてお使いいただけますと幸いです。

是非ご参照くださいませ。

費用一覧