施設で行う脱毛方法や特徴の比較

ホーム > 美容治療 > 無痛医療レーザー脱毛 > 施設で行う脱毛方法や特徴の比較

当院で行われている脱毛法は『レーザー脱毛』ですが、その他にどのような脱毛法があるのかまとめてみました。


光脱毛

主にエステで行われている脱毛方法です。光脱毛機の製造業者や、サロンによってその名称が事なったりしますが、IPL脱毛や、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛などと言われている脱毛は、全て光脱毛の事です。原理的にはレーザー脱毛と仕組みはほとんど同じで、光エネルギーによって毛根や毛包にダメージを与え、脱毛効果を得るものです。ただ、永久脱毛をするには毛根を含む毛母細胞に強いダメージを与える必要がありますが、この強いダメージを与えるという行為(一定の出力以上の光の照射)が医療行為に当たるという規定がある為、エステサロンで使用している光脱毛機では法律により一定の出力以上の照射は出来ず、弱いダメージしか与えることができないようになっております。よって痛みが少ない半面、脱毛の効果が出にくいケースがあります。効果を得たい場合は医療機関での脱毛が良いと考えます。


光脱毛の特徴

 

価格が安い エステサロンでの費用は価格競争によりかなり下がってきているようです。医療従事者が働いているわけではないので人件費も安く済み価格も下げられます。

痛みが少ない 照射エネルギーが弱い為、針脱毛や医療レーザー脱毛に比べ痛みが少ないです。

永久脱毛ではない 照射エネルギーが弱く、一時的に脱毛が出来てもまた毛が生えてくる事が多いので、高いエネルギーで照射が出来る医療レーザー脱毛に比べ回数が必要になってきます。

肌トラブルが多い 照射エネルギーが弱いので、効果を出そうとしてエネルギーを上げるとお肌に対する反応が強くでてしまいます。また、冷却ジェルを塗ってからの照射となりますが、ハンドピースのヘッドを強くあて過ぎるとやけどを起こしやすく、離し過ぎると脱毛効果が低くなるという難しい構造の為、施術者の技術によって大きく差が出るようです。また、こういったエステでの脱毛は、肌トラブルが起きてしまった場合に対応が出来ないので、事前に熱傷などが起こった場合には、どのような対応をしているのか確認をするのが良いと思います。


ブレンド脱毛

針脱毛の事で、おもにエステで行われている脱毛方法です。医療機関以外で針を刺すことは禁じられているので、正確には脱毛用に先を丸く特殊加工した細い棒を毛穴に差し込み、電気を流し毛根部を熱で破壊します。一度破壊すれば二度と再生する事はないので永久脱毛が可能な方法です。以前は医療機関でもおこなわれていた方法ですが、 1回1回の施術時間が長く、脱毛の効果を十分感じるまでとても時間がかかることや激しい痛みのため、レーザー脱毛機の普及以降ほとんどの医療機関がレーザー脱毛に移行しました。現在ではレーザー脱毛の機器・技術が発達していますので、激しい痛みに長い時間耐えてまで針脱毛を受けるメリットはあまりないと当院は考えています。それでも脱毛効果を優先するために針脱毛を選ぶにしても、先にレーザー脱毛を受けてできる限り減毛してからの方が良いのは明白です。鼻毛・耳毛・眉下の毛・色素の強い皮膚・粘膜上の毛の脱毛には有効的です。


ブレンド脱毛の特徴

時間がかかる 1本1本施術をしていくので非常に時間がかかります。施術者の技術により、同じ時間でも施術可能な範囲が異なりします。

費用が高い 施術する本数での料金ではなく、時間単位で料金設定がされている事もあり、その場合施術者の技術の差で施術出来る範囲も異なり料金も加算されていくので、結果高額になることが多いようです。

痛みが強い 医療機関で行われていた時は麻酔を必要とした治療ですが、現在ブレンド脱毛を行っているのはほとんどが脱毛サロンなどのエステです。医師がいないのでもちろん麻酔は使用できません。一穴ずつ針をさして行くので、痛みもその都度あります。さまざまな脱毛方法の中でも最も痛みのある施術と言えます。

毛を伸ばして施術 毛穴に沿って針を挿入するので、その目印とするために毛を伸ばさなければなりません。わざわざムダ毛を伸ばすのに抵抗がある方は多いようです。

永久脱毛が可能 1本1本毛根部の細胞を破壊するので確実に永久脱毛が出来ますが、時間や高額な料金がかかってしまうので、細かい部分や医療レーザー脱毛などで毛量を減らし、残った部分の毛に対して最後に行うのに適しています。


ワックス脱毛

ワックス脱毛とは脱毛用に開発されたワックスを皮膚に塗り、毛とワックスを接着させ引きはがすことにより、毛根から毛を抜き去ります。一時的にムダ毛を処理する脱毛方法です。自己処理用のワックスが塗布されているシートが市販されているので自己処理でも行えますが、エステサロンでも行っています。


ワックス脱毛の特徴

毛を伸ばさなければならない ワックスと毛を接着させる為、ある程度毛が伸びた状態で施術を行う必要があります。

産毛の脱毛にも効果がある 医療レーザー脱毛・光脱毛などでは反応しない、色味のない細い産毛の処理も可能です

処理を続けなければならない 一時的に毛を毛根から抜き取るだけなので、また毛が生えてきます。剃毛処理に比べ次の発毛は遅くなります。

肌が弱い人には不向き ワックスをはがす際に古い角質も一緒に取り去るので、ガサガサしている部分の肌が柔らかくなる、という事もありますが、お肌の弱い方は、かぶれたり赤みが出ることがあります。また、埋没毛になりやすいです。


ブラジリアンワックス脱毛

ほとんどのアンダーヘアをワックスで脱毛してしまう方法です。日本ではあまり馴染みがありませんが、海外では多く行われている脱毛方法の一つです。Tバック発祥の国、ブラジルから命名された脱毛方法だと言われています。


ブラジリアンワックスの特徴

痛みや皮膚へのダメージが強い 脱毛部位が敏感で毛がしっかりしているので、処置時に痛みを強く感じやすいです。また毛を一気に抜くので皮膚へダメージが強く出る方がいます。

カミソリ負けが起こらない 長い毛をハサミなどである程度短くカットしてから行うので、カミソリによる肌ダメージはありません

生えてきた時にチクチクしない 毛根から抜き取るので、次に生えてくる毛は毛先が細くチクチクしません。

粘膜部位の脱毛も可能 光やレーザー脱毛では、皮膚へのダメージが大きい為施術が出来ない場合でも、ワックス脱毛では可能です。

すぐに脱毛効果が表れる 医療レーザー脱毛や光脱毛は照射後2~3週間後に脱毛効果が現れてきますが、ブラジリアンワックス脱毛は処置後2~3週間は脱毛効果が持続します。

永久脱毛ではない 毛を抜いているだけなのでまた生えてきます。ただ、一時的に毛をなくしたいだけの場合には、カミソリでの処理より仕上がりがキレイで脱毛効果が長持ちします。


フィトエピラシオン脱毛

植物脱毛とも呼ばれており、フランスの伝統ある脱毛法をアレンジした方法です。その名の通り、脱毛剤やアフターケア剤はすべて天然植物由来のものを使用している為、敏感肌の方でも気軽に脱毛して頂けます。ワックス脱毛と方法は似ていて、天然植物由来の脱毛剤を肌に塗布し、剥がす時にむだ毛をからめ取るようにして除毛します。


フィトエピラシオン脱毛の特徴

敏感肌でも安心 脱毛剤やアフターケア剤はすべて天然植物由来のものを使用している為、お肌に優しい脱毛です。

毛を剃らずに施術 毛の状態が自然であることが良い為、カミソリなどで剃ってはいけません。

お肌のごわつきが改善する 脱毛剤をはがす時に、古い角質もむだ毛と一緒に除去できるため、お肌が滑らかになります。

処理を続けなければならない 一時的に毛を毛根から抜き取るだけなので、また毛が生えてきます。


 シルキー脱毛

アジア各国で古くから続いている脱毛法で、主に顔の脱毛に適しています。絹の糸とパウダーを使ってうぶ毛を毛根からからめ取っていきます。電気や熱を加えることがないのでお肌へのダメージが少なく、古い角質もうぶ毛と一緒に除去できるためお肌が滑らかになります。


シルキー脱毛の特徴

初回は痛みがある 初回はうぶ毛が多い為痛みがありますが、回数を重ねていくとうぶ毛も少なくなってくる為痛みが和らぎます。

くすみが取れる 日本人はうぶ毛も黒い為、施術後はお肌が明るくなったように感じます。古い角質も一緒に取り除いてくれる為、くすみや皮脂のつまりも良くしてくれます。

お肌の弱い方でも安心 ワックス脱毛は熱が加わるのに対し、シルキー脱毛は常温の脱毛剤を使用している為、お肌へのダメージが少なくすみます。

処理を続けなければならない 一時的に毛を毛根から抜き取るだけなので、また毛が生えてきます。


脱毛に関するQ&A

脱毛に関するお悩みに少しでもお応えすべく解説ページを作らせていただきました。

データーベースとしてお使いいただけますと幸いです。

是非ご参照くださいませ。

費用一覧