レーザー脱毛によるリスク

ホーム > 美容治療 > 無痛医療レーザー脱毛 > レーザー脱毛によるリスク

脱毛効果の高い医療レーザーですが、副作用やトラブルが起こる場合があります。当院ではレーザー脱毛に伴うリスクを契約前にご説明してから治療を行います。

私たちがつつみ隠さずお話しするのは、患者様には常に誠実でありたいと思うプロフェッショナルとしての信念があるからです。


むくみ(炎症性浮腫)

皮膚の炎症反応です。レーザー脱毛後必ず起きる反応です。


施術直後の赤み・ヒリヒリ感

肌が敏感な方は数日ヒリヒリ感が残ることがあります。脱毛後には炎症止めの軟膏を塗布します


毛嚢炎

もともと毛穴には多くの雑菌が繁殖しているのですが、レーザーの熱によって毛穴が殺菌されると同時にバリア機能も障害を受けます。レーザー脱毛後に毛穴に雑菌が入ると、バリア機能が弱くなっているため簡単に炎症を起こしてしまいます。これが毛嚢炎です。毛穴の周囲に赤み・腫れ・膿疱などの症状があり、ニキビになることもあります。背中・胸など皮脂腺が多い部分や、脇・Vラインなど元々毛質が太い部位に起こりやすいです


硬毛化・増毛化・剛毛化

レーザー脱毛、光脱毛に関わらず、照射の影響で脱毛部位の毛が増えたり、硬い毛が生えてくることがあります。これは医療レーザー脱毛に限らず、エステサロンでの光脱毛でも起こり得る現象で世界中で報告されています。多くの場合、照射を続けることで脱毛できます。残念ながら未だ原因は解明されていません。通常、脱毛レーザーが毛のメラニン色素に吸収された後熱に変換され、毛根と毛根周囲の毛包を破壊することにより脱毛効果を得られるのですが、レーザーをあてることにより、逆に毛根周囲組織の活動が活発化してしまうことで増毛・硬毛化が起きるという見解が現在のところ一般的です。増毛・硬毛化の可能性がある部位として、うなじ・背中・二の腕・肩付近などの、毛が細く薄い部位での報告が挙げられています(好発部位)。しかし、理論上は体のどの部位でも細く薄い毛は脱毛レーザーをあてることで硬毛化する可能性は否定出来ません。原因が解明されていないため、増毛・硬毛化のリスクをゼロにするには現在のところ困難とされており、残念ながらこれといった対処法も確立していないというのが現状です。とは言っても、うなじ・背中・二の腕・肩などはご自身で手入れがしにくいこともあり、脱毛の人気部位です。当院ではリスクをご理解いただいたうえで照射をご希望される患者様も多くいらっしゃいます。その場合には、誠心誠意ご対応致しますのでご安心ください。


熱傷

レーザー脱毛は、体毛にレーザーが吸収されるときに発生する熱を利用しています。その熱が、毛の工場である毛根と、毛の再生をつかさどる毛包の細胞を傷つけることによって『永久脱毛』となります。大袈裟に言うならば、レーザー脱毛とは『毛とそれを包む毛包の熱傷』のことです。レーザーの照射出力を抑えれば熱傷のリスクはゼロになりますが、十分な熱量を加えなければ十分な効果を得ることはできません。十分な永久脱毛効果を求めるのであれば、毛と毛包にだけ熱傷を起こし、周囲の皮膚は傷害しないギリギリのラインを見極めて照射することが重要なのですが、肌・体毛の個人差やその日の肌の状態などの関係から熱傷を起こすリスクがあり、これからも熱傷などの副作用の発生をゼロとすることは残念ながら不可能です。当院の脱毛施術を担当するスタッフは、日頃よりレーザー脱毛副作用の発生頻度を最小限に抑えるための研究・トレーニングを続けています。


脱毛に関するQ&A

脱毛に関するお悩みに少しでもお応えすべく解説ページを作らせていただきました。

データーベースとしてお使いいただけますと幸いです。

是非ご参照くださいませ。

費用一覧