レーザー熱傷について

ホーム > 美容治療 > 無痛医療レーザー脱毛 > レーザー熱傷について

レーザー脱毛は、毛にレーザーが吸収されるときに発生する熱を利用しています。その熱が、毛の工場である毛根と、毛の再生をつかさどる毛包の細胞を傷つけることによって【脱毛】となります。言うなれば、レーザー脱毛は毛とそれを包む毛包を熱傷させる行為です。

レーザー熱傷の原因としては、

などがあります。

レーザーの照射出力を抑えれば熱傷のリスクは低くなりますが、十分な熱量を加えなければ十分な効果を得ることはできません。十分な脱毛効果を求めるのであれば、毛と毛包にだけ熱傷を起こし、周囲の皮膚は傷害しないギリギリのラインを見極めて照射することが重要なのですが、肌・毛の個人差やその日の肌の状態などから熱傷を起こすリスクは常にあり、これからも熱傷などの副作用の発生をゼロとすることは残念ながら不可能です。

当院の脱毛施術を担当するスタッフは、日頃よりレーザー脱毛副作用の発生頻度を最小限に抑えるための研究・トレーニングを続けています。

費用一覧