TOP > 美容治療 > フォトフェイシャル M22 > レーザーと光の違い

レーザーと光の違い

レーザーは単一の波長の光で、肌トラブルの部分にピンポイントで照射します。症状によって機械の使い分けが必要で、照射時に痛みが伴うことが多く、治療後、照射した部分にかさぶたや色素沈着ができ、綺麗なお肌に入れ替わるまで数週間かかるのが一般的です。 フォトフェイシャルの光は、幅のある波長で何色もの光の集合です。ゆるやかな光のため、顔全体に照射でき、シミ、しわ、毛穴、たるみなどの複数の肌の悩みを同時に改善できます。肌へのダメージは最小限のため、治療後すぐにメイクや洗顔ができます。ほとんど痛みがないことも、メリットのひとつです。肌の奥の細胞を活性化させてコラーゲンの再生を促し、肌そのものの若返りに効果を発揮するものといえるでしょう。

レーザー治療 フォトフェイシャルファースト
部位・効果

治療経過
・治療部位をピンポイント治療 ・治療内容により機械や波長を変える必要がある ・ダウンタイムがある為、かさぶたや色素沈着がおこり幹部の保護が必要 顔全体に一度に治療可能 シミ・ソバカス、赤ら顔、小じわ、毛穴の開きなど、複数の症状に対応 ・ダウンタイムがないので、施術直後よりメイク可能 ・肌のダメージが少ない

お問い合わせ

03-6427-6425

月~土:10:00~19:00
日:10:00~18:00