TOP > 美容治療 > フォトフェイシャル M22 > ソバカスへの効果

ソバカスへの効果

シミとそばかすは見た目が似ているので、言い方の違いで同じものだと思っている方もいらっしゃるかもしれません。どちらも紫外線が原因でメラニン色素が顔や体の皮膚の一部に残ってできますが、根本的な要因は違います。

シミは、通常は肌のターンオーバーのサイクルによって新しい皮膚細胞が生まれて古い細胞と共に剥がれますが、加齢や紫外線の影響でうまく機能が働かないとメラニン色素が増加したり、1箇所に集中して残って出来たりします。20代後半からできはじめる事が多く、それまで浴び続けた紫外線が、ホルモンや新陳代謝の低下により外に出てきてシミになるのが一般的です。頬や額、眼の周りに出来るのが特徴です。

ソバカスは遺伝的な要素が強く、男の子でも女の子でも5~6歳の幼少期から思春期までにでき始める方がほとんんどです。思春期に色素が濃くなりますが、加齢とともに徐々に薄くなるケースもあります。一個の大きさがシミよりも小さく(コメ粒大)、細かく散らばるように出来るのが特徴で、頬や鼻などの顔や腕、肩などによく発生します。紫外線を浴びることで色が濃くなったり数が増えることもあります。肌の色が白い人ほど紫外線防御機能が活発に促されるため、色白で日焼けしても赤くなるだけで黒くならない肌の人にできやすいです。日本人もソバカスに悩んでいる人は多いですが、白人の方がもっと色が白いためにソバカスができやすいです。

ソバカスはシミのように一部分にとどまることなく顔全体に広がっていることが多いので、これをレーザー治療で一つずつ治療していくのは大変です。フォトフェイシャルファーストは顔全体に光を照射できるため、1回で広い範囲を治療可能です。シミ・ソバカスの原因であるメラニン色素の排出を促進するため、光を照射した後皮膚が黒く盛り上がってきます。それが取れて薄くなっていくのです。

フォトフェイシャルファーストは幅広い波長を持つことが特徴ですが、シミやソバカスに効果があるだけでなく、色素沈着してしまっている部分や黒くて濃い色素にも十分効果を発揮してくれます。またメラニン生成を抑制する働きもあるので、フォトフェイシャルファースト施術後は、シミやソバカスのできにくい肌質になります

お問い合わせ

03-6427-6425

月~土:10:00~19:00
日:10:00~18:00