ダイエットを成功させるための加圧トレーニング パートⅢ

ホーム > ブログ > アンチエイジング > ダイエットを成功させるための加圧トレーニング パートⅢ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年2月19日

エクササイズの強度が高いとはどんなエクササイズでしょうか?
 
それにはエクササイズにはどんな種類があるのかを知る必要があります。

エクササイズは筋力トレーニング、有酸素運動、バランス運動、柔軟の4要素からなります。
 
どんな運動が必要かについてはその個人個人で違います。
 
体脂肪が多いのか、筋量が多いのかそういった特徴と知る必要があります。
 
あくまでも現在のですよ。
 
過去にスポーツをバリバリやっていてマッチョだった人でも
人によっては脂肪バリバリになっている可能性もありますし・・・
 
人間は活動度の負荷によって蛋白、脂肪、炭水化物の何をエネルギー源にするか決まっています。
 

活動量

蛋白

炭水化物

脂肪

安静時

1~5%

35%

60%

軽度のエクササイズ

5~8%

70%

15%

中等度のエクササイズ

2~5%

40%

55%

高度なエクササイズ

2%

95%

3%

 
この表を見れば体脂肪は減らしたいけどあんまり運動したくない人は
有酸素運動を一生懸命やっても仕方がないことが分かりますよね。
 
筋肉をしっかりつけて安静時に使用される体脂肪の量を増やすことを目指さないといけません。
 
激しい有酸素運動をしても使われるのは炭水化物ばかりですから。
 
人間が貯蔵できるグリコーゲンの量を考えれば数時間でエネルギー源が
枯渇してしまうことは明らかです。
 
枯渇した後は筋肉や脂肪を使って燃焼させることになります。
 
筋肉が消費されれば安静時の基礎代謝量も減ります。
 
ですからダイエット目的であれ、健康目的であれ、どんな運動をすれば良いのかはよく考えないといけませんね。
 
東京都渋谷区・港区で効果のある点滴治療をするなら恵比寿セントラルクリニックで…
(プラセンタ点滴、ビタミン点滴、ニンニク注射、美肌点滴、キレーション点滴)