ウルトラアクセントで壊れた脂肪は何処へ?

ホーム > ブログ > アンチエイジング > ウルトラアクセントで壊れた脂肪は何処へ?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月26日

脂肪を分解するという医療機器の話を聞いた時から一番気になっていたのは、
脂肪が壊れるとしてその後、壊れた脂肪はどこへ行くのかということでした。
 
実際に部分痩せマシーンの機器の比較をしていると脂肪が溶けるというモチーフの絵や写真が
たくさんあるのですが、脂肪は何処へという答えは書いていませんし、業者さんもあまり詳しくは説明してくださいません。
 
ウルトラアクセントに関して申し上げるのであれば、超音波による脂肪膜の破壊なので
医学的に正確に言えば脂肪を溶かしているわけではないような気も致します。 
 
どちらかというと脂肪を貯めている構造物を壊す行為に近いと思います。
(建物を壊すというよりは鉄筋だったりの骨格・土台を壊すというニュアンスが近いのかな?)
 
もちろん構造物が壊れるので中に合った脂肪も溶け出ることが考えられますが、
高周波治療機器(テノール)で組織から排出を促すことが重要だと思います。

一般的に体内に入ってきた脂肪は、生命を維持していくうえで必要ない分に関しては
肝臓から体外へ出すように働きます。
 
ですから壊れた脂肪の大半は肝臓で代謝されると思います。
 
ただし、肝臓に負担をかけるような行為(例えば飲酒)があると、
肝臓は脂肪をうまく体外に排出できなくってくる可能性があります。
脂肪の消費の場としては遅筋(持久力の筋肉)も重要なので、ウルトラアクセントの前後に
遅筋を刺激しておくとウルトラアクセントの効果が高まると考えます。
 

ウルトラアクセントは価格的には決してお手軽な治療ではありませんから、
当院では結果がでるよう肝臓保護にも最大限注意を払って治療させていただいております。

また脂肪の燃焼を高めるために、エクササイズの併用が非常に有効との院内結果もございますので
絶対に部分痩せを成功させたいと思っておいでになられる方はご相談していただければと思います。
 
と書いているうちにブログというよりは宣伝になってしまいました(反省(・.・;))
 
でも面白い機械なのでいろいろ試してみてご報告させていただきたいと思います。