サルコペニアと加圧トレーニング

ホーム > ブログ > アンチエイジング > サルコペニアと加圧トレーニング

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年10月23日

サルコペニアと言えば成長ホルモン。

成長ホルモンと言えば加圧トレーニング、パワープレート。

成長ホルモンは体の組織を育てるために脳下垂体から分泌されます。
 
ですから成長期の子供のころは寝ている間に大量に分泌されます。
しかし年齢を経るにつれ、その自発的な分泌は減少してきます。
 
年を取ると、自発的な成長ホルモンの分泌は減りますが、成長ホルモンが
一切出なくなるわけではありません。
 
乳酸が溜まるような運動をすれば成長ホルモンは分泌されます。
 
 
乳酸がたくさん体内で生じると、体内の修復が必要だと判断して成長ホルモンの分泌を
促す反射が起きるわけです。(筋肉の組織が壊れたから成長ホルモンを分泌するわけではないのですね。)
 
 
ただし、従来のトレーニングでは乳酸を貯めるレベルのトレーニングをするには、
ある程度の時間と負荷が必要でした。
 
その点、加圧トレーニングは短時間、低負荷で成長ホルモンの分泌を促すことができます。
 
ですからすべての年齢の方でトレーニングしていただけますし、トレーニングのために体を壊すといった
パラドックスに悩む必要もありません。
 
 
加圧トレーニングで成長ホルモンが分泌されるの理由については以下の図をご覧ください。
 
e58aa0e59ca7e38388e383ace383bce3838be383b3e382b0e381a8e68890e995b7e3839be383abe383a2e383b31  
勿論、加圧トレーニングをすれば筋肉モリモリになるわけではありません。
 
それには栄養やサプリメントの助けが必要になってきます。
 
そのことについては次回お話申し上げます。