シワの仕組み

ホーム > ブログ > アンチエイジング > シワの仕組み

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年11月6日

シワは大きく二つに分けられます。
 
笑ったり、怒ったりするときに生じる『表情シワ』と皮膚の表面に細かくできる『チリメンシワ』
 
表情シワとは、顔を動かす筋肉が表情を作る際に動くことにより、皮膚が内側に引っ張られてできるものです。これが繰り返されることにより、皮下の組織が減ってきてできるシワを表情シワと呼んでいます。
 
『チリメンシワ』は表皮を支える真皮や皮下脂肪が年齢とともに失われることによりハリが失われて出来ます。
真皮や皮下脂肪が減ってきてしまう理由は肌から水分が失われるからと紫外線に多く当たることにあります。
 
一般的にはこれらのシワに対して、『表情シワ』の治療はボトックス注射を、『チリメンシワ』はコラーゲン、ヒアルロン酸の補充、ケミカルピーリングで角質の再生を促す治療を行うことが多いようです。
 
ここで少しだけクリニックの宣伝を…
 

当院では、シワの治療として高周波機器であるテノールを使用しております。テノールにより血行の改善と同時にリンパの流れの改善もすることにより皮下組域におけるコラーゲンを合成を促します。
 
その上でイオン導入機器にてプラセンタもしくはビタミンC(点滴で使える非常に純度の高いもの)を導入することにより表情シワ、チリメンシワの両方の治療を行っております。
 
かくいう私も冬場が近づいてきて皮膚が乾燥がちですのでテノールとイオン導入をしております。
 
施術直後はお肌がツルツルになり確かな効果を実感しております。
 
皆様も是非一度体験していただければと思います。