ビタミンD欠乏と肥満

ホーム > ブログ > アンチエイジング > ビタミンD欠乏と肥満

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月3日

Medical Tribuneに面白い記事が載っていました。
 
『肥満患者では重度のビタミンD欠乏を来しており、カルシウム代謝が不良である』
という論文がJournal of Endocrinology&Metabolism発表されました。
 
この論文はBMIが40以上の病的肥満患者の70%でビタミンD値が正常値を下回っているというもの。
そのことによりカルシウム代謝に異常を来しているかもしれないというもの。
 
当院でもダイエットコースの採血でもビタミンD値は確認しており、足りない方には補充をしております。
 
ビタミンDは骨粗しょう症との関連も指摘されています。
 
ビタミンD不足が思い当たる方はお問い合わせください。