ナチュラルホルモン補充による多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療

ホーム > ブログ > ダイエット > ナチュラルホルモン補充による多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年10月11日

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療はインスリン抵抗性を治すことが基本になります。

これをベースに各々の症状に応じた治療を付け加えていきます。

PCOSは症状が多彩なので多方面からのアプローチが必要となります。

  • インスリン抵抗性にはアメリカではメトホルミンという糖尿病のお薬が使われています。
  • ニキビや多毛にはスピロノラクトンという利尿薬が主に使われます。
  • 肥満にはエクササイズ、糖質制限食、甲状腺ホルモンを併用したアプローチが有効です。


どの病気にも言えることですが、何か一つの治療法で症状を完治するというよりは、

治療法の長所をうまく引き出しながら、副作用が出ないように治療していくのがコツです。

当院ではエクササイズ、お食事指導からナチュラルホルモン補充療法までPCOSに対して統合的なアプローチが可能です。

お困りの方は是非ご連絡ください。