TOP > 美肌・ドライアイ・痛みに関する再生治療【PFC-FD治療】について

美肌・ドライアイ・痛みに関する再生治療【PFC-FD治療】について

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年4月28日

カテゴリ

大変多くのお問い合わせを頂いている再生治療【PFC-FD治療】についてご説明します。

【PFC治療の流れ】

  1. ご来院頂き、医師によるカウンセリングと同意書作成
  2. 50ccの採血をさせて頂き、製造の過程へ
  3. 血液検査・製造・無菌検査の過程を経て約3週間後、ご自身のPFCが届きます(1セット6本作製・6か月保存可能)

〚方法・期間〛

  • 1~2バイアルを使用し約1か月間隔にて施術

5つの効能〛

・成長因子には組織の修復を促す作用があります。血小板が放出する成長因子によって治りにくい組織の損傷を修復する力を促進したり、炎症を早く治めたりすることが期待できます。

PFCに含まれる血小板由来成長因子の作用

  • PDGF コラーゲンの新生
  • TGF ヒアルロン酸の産生
  •  VEGF 組織の修復・創傷治癒
  • EGF 血管の新生・修復
  •  TGF-β 上皮細胞、血管内皮細胞増殖

当院では自身のPFCを用いて以下の治療を行っております。

・美肌治療(水光注射などを用いての注入)

・難治性のドライアイなどの眼科疾患(点眼など)

・膝、肩の痛み(リハビリ・局注)

ご興味のある方は、お問合せフォームよりのご質問もお受けしております。

 

お問い合わせ

03-6427-6425

月~土:10:00~19:00
日:10:00~18:00