腰痛専門外来

ホーム > ブログ > アンチエイジング > 腰痛専門外来

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年7月2日

腰痛とは、大きく分けて急激に起こったもの(急性腰痛)、慢性のもの(慢性腰痛)の2つに
大きく分けられます。(本当はガンに由来する痛み、癌性疼痛もありますが…)

 

でも怖い病気の前兆のこともありますから、

数カ月以上引き続く腰痛がある場合は、原因をはっきりさせることが重要です。



尚、恵比寿セントラルクリニックでは画像診断を渋谷のメディカルスキャニングに依頼することにより、

迅速な検査を可能にしております。(当院からはドアからドアまで10分ほどの距離です。)



<急性腰痛>


急性腰痛(発症から3か月以内)の対応方法ははっきりしています。



① 最初の1週間は比較的安静にする。

② 2週間目からは、徐々に体を動かすようにしていく。(簡単な体操、ストレッチ)



従来の標準治療は、その過程で治癒を早めるために内服治療、神経ブロック治療、針治療、マッサージを

組み合わせてきました。
 
当クリニックでは、東京慈恵会医科大学ペインクリニック外来にて行われている針治療、
IMSを実践しています。

これは解剖学の知識に基づいたトリガーポイント治療の一種で、東洋医学の鍼治療に用いる針を使用します。



【筋肉内刺激法(IMS):Dr. Chan Gunnが開発した治療法で、慈恵医大ペインクリニック部の北原部長が

米国留学中にDr. Gunnから直伝を受け、日本に紹介した治療法です。 】
 
この針治療の効果は
 

抜群

 
です。


腰痛でお悩みの方に、今までの針治療の概念を覆してしまった
IMS治療を試していただきたいと思います。


<慢性腰痛>


数か月以上引き続く腰痛のことを指します。



この時期まで腰痛が長引くと神経ブロックや針治療、マッサージだけで
治療するのは一般に難しくなります。

慢性の腰痛を克服するためには、適切なリハビリが欠かせません。



長い間悩んできた腰痛を完治させるために、恵比寿セントラルクリニックでは併設する


Doctor’s Gymにて加圧トレーニングとパワープレートにて‘完治するための’最新のリハビリを
ご提供させていただいております。



これらの最新のリハビリによって、痛みの出現から治癒までの期間を
最速・最短にできるような治療プランを作成いたします。
 
慢性の腰痛にもIMS治療は非常に有用です。
是非お試しください。



東京都渋谷区恵比寿1-8-18 K-1ビル 6F