認知症早期発見検査・MCIスクリーニング検査について

ホーム > ブログ > アンチエイジング > 認知症早期発見検査・MCIスクリーニング検査について

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年9月9日

最近物忘れが酷くなった

物の名前・人の名前が中々出てこない

と言う事ありませんか?

早い方で、40代から認知症やアルツハイマーのケアをしなければいけないと言われています

どうしてでしょうか?

例えば、アルツハイマー病はβアミロイドとよばれるタンパク質が脳内に蓄積することが原因とされています

このタンパク質は、発症の約25年前から脳内に蓄積を始めることが明らかになっています。

発症の25年前…つまり40歳を過ぎたら認知症予防を視野にいれたライフスタイルに改善する必要があるからです

そう、ケアするなら今のタイミングが重要です!

そこで、まずお勧めしたいのが MCI(軽度認知障害)検査

MCIとは軽度認知障害のことで、簡単にいうと認知症の前段階の状態を言います。

MCI(軽度認知障害)の段階では、特に支障なく日常生活を送ることができます

所が、数年間で約半分の方が認知症になるかもしれない危険な状態です!

この症状のない、軽度のタイミングで年らかの治療やライフスタイルの改善をすることがポイントになります

MCI検査は、認知症の中で最も患者数が多いアルツハイマー病この原因となると言われている「「アミロイドβペプチド」に関わる血液中のたんぱく質を調べます

渋谷セントラルクリニックではこのMCI検査に加えて AGE(終末糖化タンパク)の検査も合わせて将来の認知症のリスクを評価します

このMCI検査は、近親者で認知症やアルツハイマーの方がいらっしゃる方は特にお勧めします

お問い合わせ・ご予約はお電話またはメールで受け付けております


MCI(認知症)検査+AGE検査  21,600円 (カウンセリング料込)