TOP > 酒さ治療のポイントになる毛穴改善治療

酒さ治療のポイントになる毛穴改善治療

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年3月8日

カテゴリ

先日、当院の代表大友先生がUCLAのヘン教授にお会いしました

渋谷セントラルクリニックでは患者様のコンサルトや(かなりの難治性の方なども多いので)

治療の情報・スキルアップの為に教授のもとに定期的に訪問しています

治療に関して質問すると何時間でも熱狂的にレクチャーしてくれる教授

今回は、私たちの治療の治るペースが速いと、お褒めの言葉を頂戴しました

酒さ・ニキビ治療の改善は見た目の赤みはもちろん 毛穴が重要!との事でした。

オムニキュアジェルをベースにホルモンや栄養学的な観点から治療しているからでしょうか。

当院の治療は毛穴の開きなどは早い段階で改善するのですが、アンテラ3Dでヘモグロビン撮影をした際の赤みが

問題になることがあります(このヘモグロビンの量に比例して、火照りや、温度差に反応して赤みが出てきます)

では、この赤み(ヘモグロビン)をどう治療するか?

今までフォトフェイシャルやレーザーなど様々な治療をへて効果を感じなかった方は

水光注射+ボトックス治療をお勧めします

効果はこちら

毛穴レス治療は勿論の事、赤みにも効果的です

ダウンタイムも極限まで無いように、シグナルチューニング治療を合わせたスペシャルメニューで治療します

 

赤み、毛穴でお悩みの方に「水光注射での毛穴改善治療」お勧めです

 

ご予約はLINEからでもご予約できます!

 

 

お問い合わせ

03-6427-6425

月~土:10:00~19:00
日:10:00~18:00