メタボリックシンドローム、生活習慣病と体質改善の関係

ホーム > ブログ > アンチエイジング > メタボリックシンドローム、生活習慣病と体質改善の関係

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年9月20日

生活習慣病、メタボリックシンドロームと診断される方は少なくないと思います.

生活習慣病、メタボリックシンドロームの話をするときに食生活、遺伝的要因を無視するわけにはいきません。


でも環境因子も同じくらい重要だということををご存じでしょうか?
 

環境的な要因とはそれは有害金属の体への蓄積のことです。
 

最近の研究ではヒ素やカドミウム、鉛、水銀といった有害な金属が体内に多い方は
動脈硬化、高血圧、糖尿病になりやすいことがよく知られています。

 
残念ながら、どんなに気をつけていても現代社会に生きる
私たちはそれらの有害金属から逃れることはできません。

(近いうちにどうしてかご説明いたします)

 
ですから私たちに出来る最善のことは、体内の有害金属が
どういった状況になっているのかを知っておくことです。

 

 
たったひとつまみの髪の毛の先端で有害金属の影響を知ることが出来ます。

(最近ちょっと話題であった毛髪検査です。)

 
生活習慣病だけではなく、アトピー性皮膚炎、慢性疲労、うつ病、抑うつ気分、パニック障害
 
のような
疾患にも有害金属の関与が示唆されています。

まずは検査から始めてみませんか?
毛髪ミネラル検査 8400円
 
 
恵比寿セントラルクリニック
東京都渋谷区恵比寿1-8-18 K-1ビル6F
03-6459-3119