線維筋痛症の症状

ホーム > よくある質問 > 線維筋痛症の症状

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年5月1日

線維筋痛症の症状は以下の通りです。

 

カラダの両側、腰の上下に脊椎に沿って広がる痛み。

痛みは鈍くて、拍動するような痛みであることが多い。

痛みは四六時中あり、程度の変動がある。




それに加えて

疲労

睡眠障害 (たいてい寝たのにすっきりしないと表現されるような…)

頭痛

腸の症状(便秘と下痢を繰り返す。)

膀胱症状

記憶力の低下

などの附随症状があります。

痛みを見慣れていない医師にとってはこれらの附随症状の取り扱いが難しいのですよね。

先生によっては不眠を持って精神的なものと決めつけてしまう人もいますし…
でももっと平たく考えたらよいのだと思います。

例えば糖尿病の人は狭心症になりやすい ◎

糖尿病の人はメタボで高血圧や高脂血症を伴いやすい ◎




こう考えると、「あなたは心臓の病気だから代謝の病気じゃない」っていう先生はいないと思うですよね。

あくまでも合併症です。

渋谷セントラルクリニックでは線維筋痛症を東京慈恵会医科大学の医師と連携して統合治療を実践しています。気になる症状がある方ご相談ください。