IMS治療【下半身】

ホーム > 免疫栄養療法外来 > 筋筋膜性疼痛症候群(MPS) > IMS治療【下半身】

ほかのIMS治療を紹介しております。 当院では痛みを減らす・なくす治療だけではなく、

               痛みのために制限されていた生活や趣味に戻ることを重視した治療を行っております。

ジムで、腰を痛めた30代女性

内服歴:なし

トレーニング中、バランスを崩して腰に『ピキ!』それ以来痛い。腰からおしりにIMS治療を行った。痛みが出てきてから1カ月IMS治療を終了した。この方は、自宅でのストレッチなど治療に大変協力的でした。

8年前より腰痛の40代女性

内服歴:なし

日常生活ができるため今まで治療しなかったが、最近痛みが増してきて特に夕方以降と立ち止まってからの一歩が出にくくなった。タバコ・酒はやらない。筋肉は大変固く腰からおしりにかけてIMS治療。週1回のIMS治療で筋肉の硬さが半分ほどになった。

16年前より腰痛持ちの70代女性

内服歴:なし

16年前、腰を痛めその時はすぐに良くなったが、3年前から同じ所が痛み、神経ブロック注射から鍼灸院等ありとあらゆる所に通ったにもかかわらず芳しくない。昼から夕方にかけて痛む。腰からおしりにかけてIMS治療を行った。最近では、筋肉の緊張もIMS治療する以前の1/3程度にほぐれてきている。

運動中腰を痛めた40代男性

内服歴:ロキソニン錠(ロキソプロフェンナトリウム水和物錠)

『整形外科に通院しているが、痛みが取れない。以前の様にランニングをしたい。』とのことで来院された。痛み止めの薬はあまり効かない。腰から両膝あたりまでIMS治療を行った。IMS治療1か月で3キロくらいランニングが可能になりIMS治療2か月で15キロのランニング、IMS治療3ヵ月目で40キロ程走れるようになり、定期的に通っている。

以前腰・膝を痛め再発した50代女性

内服歴:なし

腰の上部と膝に前歴があり、腰とおしりにに痛みを感じて来院した。腰からおしりにかけてIMS治療を行った。1週間に1回のIMS治療で、今では順調にQOL(生活の質)は向上している。

スポーツで腰・大腿を痛めた20代女性

内服歴:なし

普段スポーツをしてる割に筋肉が非常に硬く右腰からおしり、左大腿(特にハムストリング)にかけてIMS治療を行った。IMS治療によって短期間で終了した。

6年前から腰から下腿が痛む80代女性

内服歴:フォサマック錠(アレンドロン酸ナトリウム水和物)

しりもちを着いてから痛みが取れず、神経ブロック注射からマッサージまでいろいろやった。腰から仙腸関節、おしりから下腿にかけてIMS治療を行った。IMS治療をすることで体の動きが滑らかになるとともにQOL(生活の質)向上した。

腰が痛い50代女性

内服歴:なし

35年前より腰痛あり、ヘビースモーカーのため血液の流れが悪く痛みの悪循環が見られた。腰から大腿にかけてIMS治療を行った。IMS治療とともに減量と禁煙を指導した。

右腰・膝が痛む50代女性

内服歴:ロキソニン錠(ロキソプロフェンナトリウム水和物錠)

10年来我慢してきたが、最近右側が痛みが増してきた為来院。腰全体・両大腿にIMS治療を行った。左側が痛いと言っても不思議ではない程だった。IMS治療とストレッチを併用することでQOL(生活の質)は飛躍的に向上した。

 

IMS治療のトップページはこちら

免疫栄養療法外来費用一覧