乾癬と肥満

ホーム > 乾癬 > 原因 > 乾癬と肥満

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年4月16日

乾癬性関節炎を患う肥満の患者さんは、治療と併せて減量を行うことにより、乾癬性関節炎の症状緩和に効果があります。

★乾癬性関節炎ってどんな病気?

乾癬性関節炎とは、乾癬を患う患者さんに、痛くなったり、腫れたりする症状が関節に見られる関節炎の一種で、自己免疫性疾患と考えられています。米国ユタ州で2002年から2008年にかけて行われた943名の乾癬患者を対象とした研究では26.5%が乾癬性関節炎を患っていました。

★乾癬性関節炎になりやすい人は?

米国ユタ州で行われた研究では、乾癬性関節炎の予測因子として1)18歳時点のBMI(Body mass index)、2)乾癬を発症した年齢、3)女性、4)乾癬の皮膚症状が出ている皮膚の面積の広さ、を挙げています。

★肥満は乾癬性関節炎のリスクになる!?

若年層の肥満は乾癬性関節炎のリスクが増すと危惧されており、米国ユタ州で行われた研究で、乾癬性関節炎の発症年齢が最も早いのは、過体重または肥満の患者さんでした。乾癬性関節炎の発症年齢が普通体重の患者さんで平均48歳であることに比べ、満18歳時点で肥満だった人のうち20%が35歳までに乾癬性関節炎の症状が現れたというデータが示されています。

★子供でも肥満は乾癬性関節炎のリスクになる!?

乾癬性関節炎を患う子供は肥満のリスクが非常に高く、9カ国、409名の乾癬性関節炎を患う小児患者を対象とした研究によると、うち40%は肥満であり、特に米国出身の子供のうち34%がBMIで肥満とされる結果が出ています。また、米国においては重症度の高い乾癬性関節炎を患う子供の方が肥満体型でした。

★肥満体型だと炎症は2倍ひどくなる!?

サイトカインやタンパク質のような炎症を促進する腫瘍壊死因子TNF-αに作用する治療薬(TNF-α阻害薬)の服用を開始した138名の患者さんを対象とした最近の研究が、海外で権威をもつ医学誌に掲載されました。専門家によると乾癬性関節炎を患い、かつ肥満体型の患者さんでは、炎症が2倍ひどくなると言われています。

 

★どうして肥満体型だとダメなの?

肥満体型の患者さんがTNF-α阻害薬を内服しても、脂肪細胞はサイトカインのようなTNF-αを分泌するため、肥満が薬の効用を妨げるのではないかという結論が出ています。

★食べ物と体重、意識するとどう変わる?

肥満体型の患者さんに対してTNF-α阻害薬の内服だけではなく、治療に減量も取り入れることにより治療の効果が変わるかを調べた研究があります。この研究では、エンブレル(エタネルセプト)、ヒュミラ(アダリムマブ)、レミケード(インフリキシマブ)の3つの治療薬を使用し、BMI 25以上の過体重もしくは肥満体型の患者さん138名(うち、6ヶ月間の全行程を終了した患者さんは126名)を対象としています。半数の患者さんは1日に1500カロリー以内を目安とする低カロリーダイエットを実践し、残り半数の患者さんは栄養ガイドラインについてのアドバイスを受けました。患者さんは月に1回経過観察を受け、研究の最後に治療の成功を示す「最小疾患行動(MDA)」に達成したかどうかを評価する最終評価を受けました。評価指標は関節腫脹や圧痛のある関節の数、痛みの程度、皮膚疾患の重症度等、多岐に渡り、全ての評価指標を総合的に勘案し症状の改善度を評価しました。研究の最終ステージにおいて、MDAを達成したのは、低カロリーダイエットを実践した群では43%、栄養アドバイスを受けた群では35%でした。

★ダイエットすればいいの?体重減らさないとダメなの?

低カロリーダイエット自体が治療に良い影響をもたらしたというよりも、実際に治療に効果を与えたのは体重減少でした。研究によるとMDAを達成したのは、5-10%程度の減量に成功した患者さんの45%、そして10%以上の減量に成功した患者さんの約60%でした。この減量した患者さんは、低カロリーダイエットを実践した患者さんとそうでない患者さんの両方が含まれます。この結果から、体重減少が、肥満でTNF-α阻害薬を内服する患者さんの治療の効果を最も左右すると言えます。

★治療薬+減量で乾癬性関節炎の症状を改善

治療薬を内服しているだけの患者さんより、治療薬を内服しながら減量もした患者さんの方が、乾癬性関節炎の症状がより改善したという結果が出ています。また、減量することで、乾癬性関節炎の重症度が軽減することも証明されています。

★乾癬性関節炎の治療は皮膚だけでなく、肥満の治療も!

ノースウエスタン大学皮膚科長は小児の乾癬性関節炎患者さんは、皮膚疾患自体の治療ばかりに気を取られるべきではなく、成人患者と同じく肥満により引き起こされる代謝の問題であることを認識すべきという意見を述べています。また同様に、医療従事者は子供に乾癬の症状が出た場合には早急に治療を開始し、特に肥満型の小児患者の場合は医療従事者、家族が一丸となって健康的なダイエットや運動する習慣を身につけるような治療法を確立することが重要であるとしています。

★早期発見、早期治療が大切!

今回は、乾癬性関節炎にかかりやすいであろうと思われる患者さんの多くは、不可逆的な関節破壊に至る前の早期発見及び治療のため、より頻繁で詳細なスクリーニングを受けることにより恩恵を受けるであろうというコンセプトを支持する研究結果をご紹介しました。

【渋谷セントラルクリニックDrコメント】

肥満があるとTNF-αなどの炎症性サイトカインの発生量が倍になるという研究結果をご紹介しました。こうした炎症性サイトカインはインスリン抵抗性を引き起こすので肥満や生活習慣病の発生が起きやすくなるはずです。当院ではダイエットプログラムを行っています。ビタミンDや亜鉛、メトホルミンなどの服薬やサプリメント、栄養指導を通じて減量や乾癬の根本的な治療を行っています。

 

参考文献:

https://www.psoriasis.org/advance/weight-loss-with-treatment-can-help-psoriatic-arthritis

https://www.psoriasis.org/media/press-releases/obesity-young-adult-may-boost-psoriatic-arthritis-risk

https://www.psoriasis.org/media/press-releases/children-psoriasis-more-likely-be-obese

 

乾癬のよく見られている記事

  • 乾癬と新薬 2016年  ★新薬ができるまで 新薬の開発には、10〜20年かかると言われています。新薬は基礎研究を経て、非臨床試験、臨…
    • 治療/ケア
  • 感染の原因となる乳糖不耐症について 乾癬は顔や手のひら、背中、足などに鱗(うろこ)のような紅斑が生じる病気です。一見、皮膚のみの病気のようにも見えますが、乾癬の原因に…
    • 原因
    • 治療/ケア
  • 乾癬とグルテンフリー ★乾癬でグルテン過敏症の人はどのくらいいるの?グルテン過敏症(軽度も含む)である人は、米国では人口の5〜6%であるという調査結果が…
    • 原因
  • 外用薬に頼らない乾癬治療 乾癬治療は、外用薬によるものと外用薬に頼らないものがあります。 外用薬に頼らない乾癬治療は、レーザー治療や光治療などによ…
    • 治療/ケア
  • ★乾癬は自己免疫疾患 乾癬は自己免疫疾患の一種です。つまり、乾癬や乾癬性関節炎の原因は免疫システムの過剰反応によるということです。ではなぜ、健康を保つは…
    • 原因
  • 乾癬と乳製品 ★乾癬の場合、乳製品の摂取を控えるべきか?乾癬を患う患者さんの中には牛乳を飲んだり、乳製品を食べたりすることにより症状が悪化するこ…
    • 原因
    • 治療/ケア
    • 診断
  • 乾癬とビタミンD 乾癬は、免疫細胞のうちTh1(1型ヘルパーT細胞)が誤作動を起こして、正常な細胞を傷つけてしまうことによって生じる全身性の疾患であ…
    • 原因
    • 治療/ケア
  • 乾癬の治療 外用薬(OTC含む)  この記事はアメリカなどの状況を含めて書いておりますので、必ずしも日本の現状を把握した記事ではありません。その点をご留意…
    • 治療/ケア
  • 乾癬の合併症 総論 ★乾癬の合併症にはどんなものがあるの?乾癬や乾癬性関節炎の患者さんは、慢性疾患や重篤な健康状態に陥るリスクが高いことをご存知でしょ…
    • 治療/ケア
  • 乾癬により発がん率が上昇 乾癬により発がん率が上昇、生物製剤の影響はほぼない最近の研究によると、5年に渡る発がん率は乾癬を患っている患者さんにおいて通常の健…
    • 治療/ケア
  • 渋谷セントラルクリニックでの乾癬の診断・治療はコチラ
  • 遠隔診療についてはこちら