TOP > UCLA皮膚科ヘン教授による特別プログラム > 酒さ (赤ら顔・にきび)

酒さ (赤ら顔・にきび)

当院ではUCLA皮膚科ヘン教授の教えに基づいた治療プログラムを提供しています。 ヘン教授は生活習慣、栄養学、免疫学を重視した治療で有名です。特に、栄養と腸管免疫を重視した治療を重視しています。特許を取得済みのヘン教授オリジナルジェルを使用して根本から治療するプログラムをご提供させて頂きます。

酒さ

病因・病態が不明でよくわからない病気と考えられており、見過ごされているケースが多くありますが、原因をしっかり追究して治療すれば治る病気です。

スライド2

診断されにくい理由

病気への認識度の低いため、皮膚科に罹っていても見逃されやすい。
日本にもアメリカにも酒さの明確な診断基準がないため 皮膚の色によっては、酒さの紅斑がわかりづらいため。
当院ではヘン教授の教えに基づいた原因を見直すことを主眼に治療を行うことによって改善率は高いです。
このページの一番下に治療方針や原因についてのコラムがありますのでご覧ください。

酒さとは?

赤ら顔は顔、特にほお、鼻、あご、おでこ、上唇に赤みが出ることが多い。 ほてり感、痒み、ヒリヒリ感を生じることも多い。

rosacea on the girl's face. Dermatology

酒さの特徴

  • 酒さは男女ともによく罹る病気
  • 患者さんは知られている以上に多い病気 (アメリカでは白色人種では人口の10%、1600万人が罹患)
  • 男女ともに生じるが、やや女性に多い。
  • 子供でも大人でも罹るが、中年になって症状が目立ってくることが多い。
  • 首、胸、頭皮、耳などに赤みが出ることもある。(*)
  • 鼻の変形は男性に見られることが多いが、目の症状に男女差はない。

酒さの症状

  • 赤ら顔、光線過敏症、毛細血管拡張症
  • 皮脂腺の増殖
  • 膿疱、にきび

酒さを疑わせる所見

  • ほお、鼻、あご、おでこの赤み
  • 顔に細い血管が見える
  • 顔のデコボコ、にきび
  • 流涙、目のヒリヒリした痛み、充血

酒さとよく間違われて診断されている皮膚疾患

・酒さ様皮膚炎 ・脂漏性皮膚炎 ・エリテマトーデス ・サルコイドーシス ・尋常性ざ瘡(にきび) ・光線過敏症 ・アトピー性皮膚炎 ・接触皮膚炎 ・尋常性狼瘡 ・皮膚筋炎などの膠原病 ・膿疱性毛包炎  

酒さの検査・治療

当院ではUCLA皮膚科ヘン教授の教えに基づいた治療プログラムを提供しています。 ヘン教授は生活習慣、栄養学、免疫学を重視した治療で有名です。  

1酒さ 

検査

  • 酒さの原因となる生活習慣がないかのチェック 例)衣料品、食品
  • 感染症の精査
  • 免疫栄養学的検査 ヘン教授は栄養素失調による免疫機能の低下が一つの原因と考えています。

治療

DSC_0636

大友総院長も酒さの治療でシグナルチューニング療法を行っています。

検査費用

初診料4,000円(税別)
皮膚免疫栄養採血検査 10,000円(税別)
場合により問診の上で感染症検査、ホルモン検査を追加することがあります。

治療費の目安

  • 再診料:3,000円(税別)
  • サプリメント:月々10,000~16,000円 平均12,000円(税別)
  • ヘン教授の特許取得済みジェル 6,200~16,000円(税別)
  • 重症の場合 シグナルチューニング療法 局所:15,000円(税別)

医療費控除の対象となります。お気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ

03-6427-6425

月~土:10:00~19:00
日:10:00~18:00