酒さ? ニキビじゃないの? 42歳男性治療体験記 ~最終回~

ホーム > UCLA皮膚科ヘン教授による特別プログラム > 酒さ (赤ら顔・にきび) > 酒さ? ニキビじゃないの? 42歳男性治療体験記 ~最終回~

前号 酒さ? ニキビじゃないの? 42歳男性治療体験記 ~いよいよ顔の治療~

河村先生にはほぼ2か月ぶりに会う。

ほぼというのは、僕がやはり1か月に1回した方が良いと言われていたシグナルチューニング療法を3週間前に受けに来たからだった。

その時は話し込むというよりは治療をしてもらっただけなので、ちゃんとした?診察は久しぶりだった。

顔の状況といえば、ニキビが消え、顔にうっすら赤みが出るくらい。

人によってはほんのりピンク色で血色良く見えるようだ。

Digestive Issues word cloud on a white background.

ただ少しバターが強い食事やお酒を呑むと顔は真っ赤になってしまうことは変わらない。

それでもオムニキュア化粧品を塗る、サプリをキチンと飲む、食事を気を付けるという3点を守っていればニキビは出ないし、顔もひどいことにはならなくなっていた。

河村先生のコメントも気になっていたが、ワインが仕事の人にしては凄く良くなっていると言われた。

自分の努力が認められたようで、とても嬉しかった。

これからしていくことは腸内環境を整える事、ストレスマネージメント、オムニキュア化粧品、日光浴が出来ない分だけビタミンDのサプリメントを欠かさず摂ること。

そして赤みが気になるときにシグナルチューニング療法をしてくださいと言われた。

『完全に治ることはないのですか?』という質問をするか逡巡したが、止めておいた。

そんなことはおそらく誰にも分らないし、将来的には圧倒的な医学の進歩がこうした病気を治してくれることもあるだろう。

思えばこのクリニックを受診前には酒さが今後ひどくなっていくのではないかという不安に疑心暗鬼だった。その何とも言えない不安が完全に消えたことが一番の収穫だったと思う。

そう河村先生に礼を言ってクリニックを出た。

 

 

UCLA皮膚科ヘン教授による特別プログラム費用一覧