酒さ? ニキビじゃないの? 42歳男性治療体験記 ~いよいよ顔の治療~

ホーム > UCLA皮膚科ヘン教授による特別プログラム > 酒さ (赤ら顔・にきび) > 酒さ? ニキビじゃないの? 42歳男性治療体験記 ~いよいよ顔の治療~

前号 酒さ? ニキビじゃないの? 42歳男性治療体験記 ~お顔の治療を相談した~

 

2週間はあっという間だった。

河村先生に言われた化粧品、オムニキュアというらしい、は自分には合っているように思えた。

こころなしか洗顔後に悪化していた赤みが減ってきたような気がしなくもない。

受付の女性に待合室から治療室へ案内される。

Aesthetic word cloud

顔をクレジングして頂いた後にいよいよシグナルチューニング療法。

コテのようなものを顔に当てられるが、拍子抜けするほど何も感じない。

コテからはペースメーカで使われている微弱な生体電流が皮膚に流れていると言われた。用途に応じて様々なプログラムがあるとのことだった。

僕のプログラムは’皮膚再生’と’抗炎症’モードとの事だった。

少し眠くなってウトウトしているところで終わりですとの声で目が覚めた。30分~40分程度時間が経っただろうか?

最後にオムニキュアを塗って終了となった。スタッフの方が鏡を見せてくれた。

オォ~ピカピカになったという印象。

ニキビ 男性

問題はこれがいつまで持つのか。。

スタッフの方によるとシグナルチューニング療法は再生を促すことが目的なので、くれぐれも油断せずにライフスタイルを変えないようにと釘を刺された。

次回の予約は少し期間を置いて2か月後。

今夜は美由紀が家に来てくれて手料理をふるまってくれる約束になっている。青山のナチュラルハウスで頼まれた食材を買って帰ろう。

次号 酒さ? ニキビじゃないの? 42歳男性治療体験記 ~最終回~

 

UCLA皮膚科ヘン教授による特別プログラム費用一覧