NMN点滴

NMN(※1)はビタミンに似た物質で、正式名称は「ニコチンアミドモノヌクレオチド」のことで、臓器・組織を修復する上で重要な役割を果たしています。

元々は体内でも生成することができるのですが、年齢が進むにつれてNMNを作る能力が低下してきます。その結果としてエネルギーの源であるミトコンドリアの活性が低下したり、細胞核が傷ついてしまったりします。ミトコンドリア機能が高まると身体的にも精神的にもパフォーマンスが向上することが期待されます。

NMN点滴によるサーチュイン(長寿)遺伝子の活性化

ただNMNが注目されたのはハーバード大学医学部のDavid Sinclair教授をはじめとして遺伝子の若返り効果がある(※2)とアナウンスされたことに始まります。

遺伝子の若返りとは“NMNを投与することによって長寿遺伝子であるサーチュイン全て(7種類)が増え、同時に遺伝子のダメージが減ってテロメアが短くなることを防ぐこと”をさしています。

分かりやすく言えば、NMNを体内に吸収させることは、老化による身体機能の低下を遅らせ、実年齢よりも若く健康的な身体機能を保つことに役立ちます。

サプリメントより点滴が良い理由

一般的にはサプリメントでNMNを摂ることが多いと思いますが、渋谷セントラルクリニックががNMN点滴をお勧めする理由は一つ。

それはNMNが腸内細菌によって分解されてしまうから。すべてが分解されるわけではありませんが、点滴であれば余すことなく体内に取り込まれるというわけです。つまり内服よりも点滴であれば、さらに直接的に全身の細胞に働きかける可能性が高いと考えております。

治療効果はどう見るのか?

NMN点滴においては非常に即効性があり、エネルギーが満ち足りてくることを実感される方が多いです。

長期的なNMNの効果を測定するにはテロメアサーチュインなどの遺伝子検査や成長ホルモンを測定することによって治療の最適化が必要不可欠だと思います。

費用

NMN点滴療法 200mg
所要時間:約40分
55,000円:税込み
ホルモン補充をされている方 33,000円:税込

 

お問合せやご予約はこちらからお気軽にご連絡くださいませ。

 

※1 NMN:Nicotinamide mononucleotide
※2 Telomere Dysfunction Induces Sirtuin Repression that Drives Telomere-Dependent Disease.Amano H, et al. Cell Metabolism

 

お問い合わせ

03-6427-6425

月~土:10:00~19:00
日:10:00~18:00