遅発性アレルギー検査

ホーム > 最新人間ドック > 遅発性アレルギー検査


日本の保険診療で行われているアレルギー検査は即時型のIgE抗体(タイプⅠ)を検査します。

それに対して遅発性アレルギー検査ではIgG抗体、IgA抗体を調べます。

遅発性のIgG抗体アレルギーは、気づきにくいタイプのアレルギーです。長年の食物摂取によって知らない間に体内に蓄積され、皮膚トラブル、疲労や頭痛、消化不良、じんましん等、さまざまな慢性症状の原因になっている場合があります。

これまで、アトピーや花粉症、蕁麻疹などで、検査を受けても陰性で結果が出なかった方はIgGやIgAによるアレルギーの可能性があります。

これまで保険診療による検査にて確認できなかった隠れた「アレルギー」を知る為に、遅発性アレルギー検査は有用です。

Allergy test

検査結果を患者様に詳しくご報告することと同時に、アレルギー食物を特定し、食事のアドバイス等をおこないます。それに加えて、3大栄養素、ビタミン、ミネラルのバランスにも気をつけて頂く事で、より良い体調になっていくためのお手伝いをさせていただきます。



アレルギーについて

食べ物によるアレルギーは様々で、幾つかの反応は摂取後数時間以内に起こります。多くのよく知られるアレルギー症状(疲労、頭痛、不安、鼻水や鼻の痒み、目の腫れ)が一般的な症状であり、その原因となるアレルギーとの関係に何年もの間気づかないこともあります。

原因となるアレルゲンを見つけ出し、食生活から取り除くことをしなければ、年月を経ることによって、胃腸病、自己免疫疾患、湿疹、片頭痛等といった、食物アレルギーに関連する深刻な症状が、慢性化する恐れがあります。

アレルギーの種類

アレルギーには大きく分けて、2つのタイプがあります。
即発性のアレルギー
このタイプのアレルギー反応は、IgE抗体の介在によるものであり、通常はアレルゲンに接触後ただちに発症します。特定のアレルゲンに反応した高レベルの IgE抗体により危険なアレルギー反応が引き起こされます。このタイプの反応としては、喉の腫れ(呼吸困難)、じんましん、膨満感、胃痛・腹痛、喘息、突発性の下痢等が挙げられます。
遅発性のアレルギー
遅発性タイプの反応は比較的目立たず、かつ、アレルゲンとの接触後数時間から数日経って初めて反応が出ることから、原因の特定がより困難です。遅発性反応は、多くの場合、食物アレルゲンに対する過敏性からきています。このタイプのアレルギーは、よく「隠れアレルギー」と呼ばれます。慢性疲労、関節炎、じんましん、湿疹、頭痛、水分貯留、過敏性腸症候群、その他、多くの慢性症状が、未治療のIgG抗体の介在によるアレルギー反応であることに気づかれないまま放置されています。

アレルギーの発生する原因について

消化器官 腹部のけいれん、腹痛、口臭、げっぷ、食後の膨満感、鼓腸、吐き気、口蓋後部のかゆみ、嘔吐
神経システム 不安神経症、錯乱、憂鬱、小児の注意欠陥、多動性障害、集中力不足、攻撃的行動、過敏症、情動不安定
筋骨格系 関節炎、関節痛、筋肉痛、だるさ
泌尿生殖器系 夜尿症、頻尿、尿意切迫、膣のかゆみ、おりもの、月経前症候群
呼吸器系 ぜん息、胸部不快、慢性咳、咽頭炎、鼻水、慢性副鼻腔炎
循環系 胸痛、不整脈、高血圧、頻脈
外皮系 アトピー性皮膚炎、にきび、爪と髪の痛み、ふけ、じんましん、ドライスキン、皮膚の蒼白、目の下のくま
その他 過食、慢性疲労、目まい、頭痛、不眠、吐気、むくみ、急激な体重変動、肥満、歯ぎしり
ご覧のとおり、あらゆる症状が食物アレルギーと関係しています。しかし、これらのリストはあくまでも情報の一部にすぎず、考えられる可能性のすべてを網羅しているわけではありません。従って、自分の症状がここに載っていないからといって、自分の症状は食物アレルギーに起因していないとは言い切れないのです。

IgG スタンダード・フードパネル

日本人の食生活にお馴染みの乳製品、野菜、果物、肉、魚、ナッツ、穀類、緑茶、しょうが、コーヒー、スパイス、昆布などをバランスよく揃えた、120種類の日本標準パネルです。
乳製品 カゼイン、チェダーチーズ、カッテージチーズ、牛乳、ホエイ(乳清)、ヨーグルト
フルーツ リンゴ、アボカド、バナナ、網メロン、チェリー、ココナッツ、赤ブドウ、グレープフルーツ、キウイ、レモン、マンゴー、オレンジ、パパイヤ、モモ、パイナップル、いちご、スイカ
ナッツ・穀類 アーモンド、あずき、玄米、カシューナッツ、蕎麦、トウモロコシ、小麦グルテン、キドニー豆、緑豆(マング・ビーンズ)、オートムギ、ピーナッツ、ピスタチオ、白米、ライムギ、ゴマ、大豆、クルミ、全粒小麦、さやいんげん
野菜 アスパラガス、筍、もやし、ニガウリ、ブロッコリー、キャベツ、にんじん、カリフラワー、セロリ、きゅうり、ナス、ニンニク、ピーマン、昆布、リーキ、レタス、マッシュルーム、オリーブ(黒)、タマネギ、かぼちゃ、ほうれん草、さつまいも、トマト、じゃがいも
肉類 牛、鶏、卵黄、卵白、ラム、豚
シーフード あわび、ハマグリ、タラ、カニ、イカ、牡蠣、バラフエダイ、サーモン、スズキ、エビ、マグロ
スパイス カレーパウダー、しょうが、マスタード、黒胡椒、チリ、バニラ
その他 製パン用イースト、醸造用イースト、ココア、コーヒー、蜂蜜、さとうきび、緑茶
IgG スタンダード・フードパネル120種類:36,000円 (税別/初診料込) ※当院の指定する採血検査と同時になさる場合 30,000円 

               219種類:45,000円 (税別/初診料込) ※当院の指定する他の採血検査と同時になさる場合 40,000円 

最新人間ドック検査
費用一覧