ホーム > 最新人間ドック > 癌遺伝子DNA検査

癌遺伝子DNA検査

癌遺伝子DNA検査

癌になる前に早めの予防を!

◆日本人の3人に1人は癌で亡くなっています。親からの遺伝で癌になることは稀です。まさに、癌は、生活習慣病であるとも言えます。

癌細胞の多くは、環境や習慣などのさまざまな生活要因により、正常細胞の遺伝子が複数傷つくことで発生します。5ミリ程度の小さながんも、少量の採血のみの検査で早期発見へとつなげます。癌遺伝子検査をする事によりエクササイズ・サプリメント補充などによる生活習慣病の改善や、高濃度ビタミンC点滴療法などの予防的治療により、癌を未然に予防するきっかけとなります。

癌は毎日できている!

癌は5ミリ以上の大きさになってようやく画像検診などで見つかるようになります。実は、癌が画像で見えるようになるまでには5年から20年かかります。その間にがんのリスクを把握して成長を防ぐことが大切です。がんが見発見されてからの戦いは非常に厳しい治療となります。


癌遺伝子検査の目的

  • ◆癌になる前の超早期癌のリスク評価を可能とし、癌を未然に予防するチャンスを与えてくれます。
  • ◆癌治療後においても、「再発に向かってっているのか」「改善されつつあるのか」、再発予防管理が可能となります。
  • ◆超早期リスク診断
画像診断、内視鏡検査等では確認できない微細ながん(5mm以下)でも、がん細胞から血液に遊離されるDNA、RNA等を解析し、分子、細胞レベルの微細ながんの存在リスクを評価します。これにより、“超“早期がんリスク評価、早期治療、治癒率向上を目指します。

予防管理
微細ながんの存在リスク、遺伝子変異による発がんリスクの評価等を継続的に行い、個々人の体質、生活習慣にあった最適な予防管理指導を実現します。
これにより、がん予防の効果確認、発症抑制、早期発見を目指します。
再発防止管理
がん治療後のがん再発リスクを評価します。がん治療後、定期的な遺伝子検査により、「がんが再発にむかって進行しているのか、改善されつつあるのか」をリスク評価し、個々人の状態にあった再発防止指導に有用な情報を提供します。<br※なお、当検査は画像診断をはじめとする従来の臨床検査を補完することを目的とするものです。検査結果に関しては医師が総合的に判断した上で確定診断します。>
安全性
検査に要するのは約20cc程度の採血のみなので、他の画像診断のような放射線被曝、強力な電磁波等による人体への悪影響の心配はありません。

検査のながれ

※検査日数は項目数により7~28日前後の変動がかかります。


検査メニューと料金


総合検査
コース
リスク評価
コース
突然変異・
メチル化解析
フリーDNA
濃度検査コース
フリーDNA 血液内のDNAが高いと癌あるいは何らかの異常(炎症疾患)を反映していると考えられます。
遺伝子発現解析 癌を増殖させる遺伝子の活性度を調べます
変異解析 癌抑制遺伝子の壊れ具合を調べます。異常があると正常細胞が癌化しやすくなり、癌細胞を抑制できなくなります。
DNAメチル解析 癌抑制遺伝子にメチル化がおこると、遺伝情報を元に作られるはずのタンパク質の量が減ってしまいます。
癌リスク評価 FreeDNA濃度と遺伝子解析発現解析の結果及びその他の患者様のデータを用いて、癌のリスクの数値化をします。
料金 ※税抜き 18万円 9万円 11万円 1万5000円