サーチュイン検査

ホーム > 最新人間ドック > サーチュイン検査

Sirtuin 6 (SIRT6) protein. Linked to longevity in mammals.

サーチュイン検査で分かること

サーチュイン遺伝子の発現量を調べることで抗老化力を把握します。

サーチュイン遺伝子の発現量が低い事による弊害

サーチュイン遺伝子の発現量が低いと、将来的に以下のような疾患リスクが高まります

サーチュイン1

糖尿病
動脈硬化
認知症
骨粗鬆症
サルコペニア(筋肉量の減少)

サーチュイン検査はこのような方におすすめ

健康長寿を達成したい方
いつまでも若々しくいたい方
健康に漠然と不安のある方
未来の自分を守りたい方

サーチュイン遺伝子とは

サーチュイン遺伝子は、長寿遺伝子または長生き遺伝子、抗老化遺伝子とも呼ばれ、その活性化により生物の寿命が延びるとされる。サーチュイン遺伝子の活性化により合成されるタンパク質、サーチュイン(英語 Sirtuin)はヒストン脱アセチル化酵素であるため、ヒストンとDNAの結合に作用し、遺伝的な調節を行うことで寿命を延ばすと考えられている。この様なサーチュインの作用メカニズムはマサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガレンテのグループが1999年に見出した。酵母のSir2遺伝子がヒストン脱アセチル化酵素であることを見出し、この酵素の作用が代謝や遺伝子サイレンシング、加齢に関与していることを示唆した。

 

検査の受け方

① クリニックへお問い合わせ

② ドクターとのカウンセリング及び採血検査

③ 3~4週間後に結果説明およびカウンセリング

サーチュイン2

サーチュイン遺伝子の発現量は高めることができます。
サーチュイン遺伝子の発現量が低い方は検査結果アドバイスを基に食生活、ストレス、運動習慣を改善し、予防対策を始められることをお勧めします。

費用

37,000円(税別) 初診料4,320円 再診料3,240円