ビタミンK

Vitamins Word Cloud

ビタミンKの代表的な効果

ビタミンKは骨にミネラルを保つために必要なビタミンである。

また体内での血液凝固能を調節しています。

ビタミンKの供給源となる食材

ビタミンKは、ヨーグルト、ケフイール酒(羊、牛の乳酒)、発酵乳、アルフアルフア、ほうれん草、キャベツ、カリフラワー、トマト、豚レバー、赤身の肉、エンドウ豆、人参、大豆、ジャガイモ、卵黄中に含まれています。 

ビタミンKの効果

  • 生体内での血液凝固能を調節 「凝固因子」と呼ばれるタンパク質の合成に必須
  • 骨にミネラルを保つために必要
  • 健全な歯に重要なタンパク質の合成に必要
  • クローン病や消化器疾患の患者に有用とされています

ビタミンKの欠乏

食物からのビタミンK欠乏はまれである。なぜなら、ビタミンKは、通常、腸内細菌によって産生されているからです。(新生児では腸内細菌が存在しないのでかなり生じやすい

但し、 最近の研究によると若年者の多くのビタミンKの摂取量はRDAの推奨値を下回っているという報告もあります。

  • 低プロトロンビン血症(血液凝固時間が延長した状態)
  • 出血傾向
  • 血尿・血便
  • 鼻血
  • 流産

お問い合わせ

03-6427-6425

月~土:10:00~19:00
日:10:00~18:00