キレーション治療

Abstract word cloud for Chelation with related tags and terms

キレーション治療とは、キレート結合を促進する薬剤を用いて人体にとって不要な有害金属の体外排泄を促す『デトックス治療』です。 細胞の老化防止や動脈硬化の改善、脳梗塞の予防、心臓疾患などの様々な病気に有効な治療方法として注目されています。米国では信頼でき臨床効果のある代替医療と位置づけられ50年前から盛んに行われています。

アメリカでは約 2000 余りの施設で年間 80万件も施行されています。 NIH (National Institute of Health) が、2003年4月より心臓の冠動脈疾患に対するキレーション療法の大規模な研究を行いました。 心疾患以外にも様々な疾患の改善や予防の可能性がある療法として期待されています。

キレーション治療の主な目的

1.デトックス

現代社会において、車の排気ガス・農薬・食品添加物などの環境汚染は避けては通れない問題となっています。イタイイタイ病の原因とされるカドミウムは煙草の煙や排気ガスに多く、農薬にも水銀が多く含まれていると言われています。また、大型回避魚であるマグロを多く食べる日本人は水銀が多く蓄積されている傾向にあります。

これが原因で、易疲労感・不眠・めまい・食欲不振など様々な体調不良の原因になることがあります。キレーション療法は、その有害金属を体外へ排出する事により様々な症状の改善が期待されます。

有害金属による主な症状

 
汚染源
症状
水銀(Hg)魚介類、歯科治療用アマルガム、柔軟剤、防カビ剤一部の医薬品疲労感・うつ症状・情動不安定、四肢のふるえ、末梢神経障害、免疫力低下、アレルギー様症状、心臓血管疾患
鉛(Pb)鉛管による水道水排気ガス、土壌、塗料、殺虫剤、乾電池、タバコ頭痛、記憶力減退、情動不安定、集中力減退、高血圧、末梢神経障害、免疫機能低下、腹痛、貧血、腎機能障害
砒素(As)土壌、残留農薬、殺虫剤、排気ガス角質の異常、色素沈着、末梢神経障害、貧血、骨髄抑制、頭痛、疲労感、聴力障害、糖尿病
カドミウム(Cd)タバコの副流煙排気ガス、生活排煙、汚染された食品、飲料水血圧異常、筋肉痛、関節痛、慢性疲労症候群、繊維筋痛症
アルミニウム(Al)調理器具、食器、アルミ缶、アルミホイル、タバコ水処理剤、殺虫剤消化剤、排気ガス繊維筋痛症、慢性疲労症候群、アルツハイマー病、認知症
ベリリウム(Be)大気汚染、電子部品、原子炉材料呼吸器障害、皮膚障害

2.アンチエイジング

老化の原因の一つに「活性酸素」があります。呼吸する酸素のうち、多くは体内で水素と結合して水へと変化しますが、その際に僅かの量の酸素が水と酸化して活性酸素になります。有効に働けば、体内に侵入した細菌やウィルスを分解します。ところが活性酸素が増え過ぎると様々な障害を起こします。

過剰な活性酸素が体内に与える影響

実際に老化現象として、皮膚のしわ・白内障・関節炎・認知症などの原因に活性酸素が深く関わっていることが分かってきています。 この要因に、食事や環境・喫煙から体内に蓄積された有害金属があります。これを除去する事により、過剰な活性酸素産生を防止します。

3.動脈硬化予防

動脈の柔軟性は年齢と共に低下し、同時に血圧・血液粘張度は上昇します。 その為、心臓は更に強い圧により血液を全身に送ろうとし血管壁に過度な圧がかかり損傷されます。損傷部分にはコレステロールやカルシウムが沈着します。更に、この損傷を防ごうと動脈が硬くなり、血管の内部にプラークが生じます。血管がこれ以上膨らんで破れないように、自己防衛的に血管壁を硬くし、血管内膜の損傷を修復する過程でプラークが生じるというのです。 これを放置すると、脳・心臓・脚への血管に動脈硬化をきたし致死的な病気(脳血管障害・虚血性心疾患・ASO)などを引き起こします。

動脈硬化を引き起こす危険因子に、高血圧・高脂血症・喫煙などが挙げれますが、最近ではこれに肥満・活性酸素などが追加されました。 キレーション治療は老化と共に血管に沈着するカルシウムの排泄や、活性酸素の発生を抑える事から動脈硬化の治療として注目されています。 心筋梗塞が死因のトップであり、医療費の高いアメリカなどでは代替医療としてキレーション治療が盛んに行われています。動脈硬化・心疾患・脳梗塞を予防・治療する方法としては、臨床効果も多く報告され50年も前から盛んに行われています。

検査

有害金属除去目的の方はスクリーニングとして毛髪ミネラル検査を行っております。キレーション点滴治療を行う方はアンチエイジング検査(採血)が必要となります。

Blood sample for toxic heavy metal test

治療回数

キレーション治療は目的に応じて内服薬、点滴(Na-EDTA,Ca-EDTA)と使い分けて治療を行います。

いずれの場合も食事およびサプリメントの併用が必須です。

 

アンチエイジングを目的とする健康人10回2〜3回/月
有害金属汚染20回1〜3回/週
高血圧や糖尿病 軽度、心疾患の症状20回3〜4回/月
狭心症のない動脈硬化性疾患30回2〜3回/週

 

料金はこちら