埋没毛の原因と予防

ホーム > 美容治療 > 無痛医療レーザー脱毛 > 埋没毛の原因と予防

カミソリや毛抜きでムダ毛を自己処理する際に皮膚を傷つけると、皮膚の傷が治る際、毛穴が癒着で塞がって痂皮(かさぶた)が形成されます。すると、皮膚の再生サイクルは毛の再生サイクルより早いため、成長した毛が表面に出てこれなくなります。また、同じく自己処理などで毛が切れて先端が尖ってしまうと、毛が毛穴ではない皮膚の中を貫通して成長してしまう場合もあります。

埋没毛はビキニラインなどの、皮膚の弾力性がなく、多方向に毛が生えている部位に発生しやすい傾向があります。

ほとんどの場合、毛がそれ以上伸びないところまで放置しておくと、自然に分解され排泄されてしまいます。皮膚を針などで切開し、毛を出す処置方法もありますが、皮膚に負担をかけることになります。特に、毛抜きなどで無理やり引き抜くことは避けた方が良いです。毛穴に細菌が入ると毛嚢炎を引き起こしたり、物理的な刺激で色素沈着して痕になることもあります。

ムダ毛の処理は、毛抜きやカミソリを使った自己処理ではなく、医療脱毛が安全でお肌を傷めない方法です。

最新医療レーザー脱毛機LEDAは、照射時にジェルを使用することも機械で皮膚を擦ることもありませんので、皮膚への物理的刺激を最小限に抑えることが出来る、優秀な機種です。

お肌に優しい安全な脱毛をご希望の方は、渋谷セントラルクリニックまでご用命くださいませ。

費用一覧