家庭用と医療用の脱毛機の違い

ホーム > 美容治療 > 無痛医療レーザー脱毛 > 家庭用と医療用の脱毛機の違い

近年身近な存在となりつつある家庭用脱毛機ですが、歴史はまだ浅く誕生は1990年代のことです。2000年頃から販売され始めましたが、当時は効果も弱く、あまり普及しなかったようです。今発売されている家庭用脱毛機はその頃の機械から進化しており、脱毛の効果も上がってきています。

とはいえ家庭用ですから、医療機関で使用している医療レーザー脱毛機に比べると、効果の差は言うまでもありません。もし本当にそのような効果があるのであれば自宅で使用するのは危険です。レーザーの光でひどい時は失明する事もあります。附属のアイカバーか何かで目を保護することと、眼球付近の脱毛は絶対に行わない事です。脱毛は医療行為だということを忘れてはいけません。これらは「毛抜き」の一種だと考えた方が良いです。

永久的な効果を求める場合は、医療脱毛機による脱毛が良いと考えます。

渋谷セントラルクリニックの最新レーザー脱毛機LEDAは、医療用脱毛機であり、東洋人に最も適した波長のダイオードレーザーを使用していますので、おすすめです。

 

費用一覧