IPLの歴史

ホーム > 美容治療 > フォトフェイシャル・ファースト > IPLの歴史

IPL(インテンス・パルス・ライト)は、1995年にアメリカで開発されました。世界中で支持され、更なる改良が重ねられ、常に【安全性、快適さ、満足感の向上】を目指し進化をし続けています。ここでは、世界のIPLテクノロジーの進化を紹介したいと思います。

The First Generation (第1世代)

 1995年にアメリカのMitchel Goldman博士によって、2年間の臨床試験を経て、血管性病変や静脈瘤治療に対する最適なパルステクノロジーが開発されました。

The Second Generation (第2世代)

1998年に、第1世代のIPLテクノロジーに、短いパルス、高いピークパワーなどの汎用性を加え、色素性病変に対し効果を発揮させることができる第2世代のIPLが登場しました。また、複数のトリートメントヘッドやカットオフフィルターが開発されたことにより、より深い血管性病変に対する施術が可能になりました。

The Third Generation (第3世代)

 2000年に、安全性を高め、よりシンプルに、そして施術スピードを改善することに成功した第3世代のIPLは、ノーダウンタイムの皮膚若返り法として、アンチエイジングをリードする技術に確立していきました。 IPLテクノロジー無しでは、ノーダウンタイムの施術は実現しなかったと思われます。 

The Forth Generation (第4世代)

 第4世代のIPLは、第1世代~第3世代の技術をすべて持ち合わせ、さらに多数のカットオフフィルターを採用したことで、幅広い適応を可能にし、短時間で効果を向上させることに成功しました。また他社の類似光技術の追随を許さない長年の研究・改良により、患者様の様々な肌トラブルに対して、1500以上もの設定から、最も適した施術を行えるようになりました。

費用一覧