IMS治療【上半身】

ホーム > 免疫栄養療法外来 > 筋筋膜性疼痛症候群(MPS) > IMS治療【上半身】

ほかのIMS治療を紹介しております。 当院では痛みを減らす・なくす治療だけではなく、

               痛みのために制限されていた生活や趣味に戻ることを重視した治療を行っております。

片頭痛で来られた30代男性

内服歴:リリカ(プレガバリン)

片頭痛で来院され、首から背中にかけてIMS治療を行った。片頭痛の原因と思われる緊張性をIMS治療とストレッチ運動を指導することで緊張を徐々にを解した。

五十肩!?50代男性

内服・外用歴:ロキソニンテープ(ロキソプロフェンナトリウム水和物貼付剤、ボルタレンSRカプセル(ジクロフェナクナトリウムカプセル)

今年の3月より痛み出し近医で薬を出して貰ったがあまり効かない。肩から背中にかけてIMS治療を行った。来院時の運動制限もIMS治療によって、手が真上に上がる様になった。

長年、首から肩にかけての痛みをもつ50代男性

内服歴:リリカ(プレガバリン)、トラムセット(トラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン配合錠)

首から肩、背中にかけてIMS治療を行った。IMS治療をすることで首の上下左右の動きがスムーズになりそれとともに肩から背中の動きも良くなった。

 

IMS治療のトップページはこちら

免疫栄養療法外来費用一覧