酒さを疑う7つの症状

ホーム > UCLA皮膚科ヘン教授による特別プログラム > 酒さ (赤ら顔・にきび) > 酒さを疑う7つの症状

  1. rosacea on the girl's face. Dermatology頬や鼻、あごなどの赤みが消えない
  2. 鼻を中心にニキビのような発疹が広がっている
  3. パッチテストは陰性でも、化粧品かぶれする
  4. ちょっとした刺激ですぐにピリピリ、チクチク、痛かゆい。
  5. 日焼けの後は、特に赤みや発疹がひどくなる
  6. 涙目、目の充血がしばしばでる
  7. まぶたの腫れ、ものもらいになりやすい

 

酒さを見逃されている一番の大きな要因はニキビです。

酒さにニキビを合併しているケースで正確に診断されていないことが多い様です。顔が赤いという点では酒さを肝斑と見誤られているケースも少なくありません。

それ以外にも化粧品かぶれと診断されていることも珍しくありません。酒さを患っている方は化粧品をつけるとチクチク、ピリピリと痛かゆさを訴えることが多いようです。このような場合は化粧品かぶれではないので、パッチテストをしても反応しませんし、化粧品を中止しても症状は改善しません。

当院では皮膚の診断に加えて、眼科的診断を加えることで、酒さを見逃さない治療を行っております。

 

 

 

UCLA皮膚科ヘン教授による特別プログラム費用一覧