【重要】酒さとヒスタミンの関係

ホーム > UCLA皮膚科ヘン教授による特別プログラム > 酒さ (赤ら顔・にきび) > 【重要】酒さとヒスタミンの関係

Acupuncture word cloudヒスタミンは、花粉症やアトピー性皮膚炎の患者さんにおいて「かゆみ」や「腫れ」を引き起こす原因物質としてよく知られています。

酒さでも体内でヒスタミンが遊離されると、お肌の赤みが悪化することがわかっています。

「辛い食べ物と熱い飲み物を避ける」ことはよく知られているものだと思いますが、これはヒスタミンが遊離されるためです。

ヘン教授はヒスタミンを遊離させるものとして、次のものを挙げています。酒さを増悪させないために、身近によくあるものだからこそ、できるだけ避けることが大切です。

 

<食べ物>

 

<薬>

 

<環境>

UCLA皮膚科ヘン教授による特別プログラム費用一覧