【重要】酒さとヒスタミンの関係


ヒスタミンは、花粉症やアトピー性皮膚炎の患者さんにおいて「かゆみ」や「腫れ」を引き起こす原因物質としてよく知られています。
酒さでも体内でヒスタミンが遊離されると、お肌の赤みが悪化することがわかっています。
「辛い食べ物と熱い飲み物を避ける」ことはよく知られているものだと思いますが、これはヒスタミンが遊離されるためです。
ヘン教授はヒスタミンを遊離させるものとして、次のものを挙げています。酒さを増悪させないために、身近によくあるものだからこそ、できるだけ避けることが大切です。

食べ物

  • スパイシーな食べ物
  • アルコール
  • ヨウ素を含む食べ物
  • チョコレート
  • ナッツ類
  • いちご
  • チラミン・・・チーズ、ワイン、ビール、大量のコーヒー、カジキ、ニシン、たらこ、筋子、そら豆、鶏レバー、いちじく
  • 亜硝酸塩・・・食品の発色剤、食肉加工品(ハム、ソーセージなど)の保存料
  • 亜硫酸塩・・・ワインや食品の酸化防止剤、漂白剤、保存剤
  • タートラジン・・・着色料(たくあん、和菓子、佃煮、ジュース、フルーツの缶詰)
  • グルタミン酸ナトリウム(別名:うまみ調味料)・・・調味料(アミノ酸)、ポテトチップス、せんべい、インスタントラーメン、カレールウ、お茶漬けのもと、ドレッシング、タレ、麺つゆ、だしの素、漬け物、
  • 人工甘味料(アスパルテーム)・・・カロリーゼロ・ノンカロリーといったダイエット系のジュースやお菓子

  • アスピリン
  • ビタミンC

環境

  • 暖房
  • 日光

お問い合わせ

03-6427-6425

月~土:10:00~19:00
日:10:00~18:00